豪ドル見通し

<< スポンサーリンク >>

豪ドル予想・テクニカル分析を検証する 2014年11月1日

2014年11月1日

■豪ドル予想・テクニカル分析を検証する
10月23日に豪ドル予想・テクニカル分析の[ 想定範囲:2時間足~日足 ]でやや上向きの上昇トレンドが発生し、その後もやや上向きの上昇トレンドは継続し、ポジション構成は買い(ロング)ポジションは保有のまま9月4日の高値まで到達する展開となりました。

※ 予想トレンドは・・・→ 豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> で更新しています



■トレンドの利用方法
上昇トレンドの発生で買い(ロング)ポジションを増加させ、下落トレンド・中立トレンドへの転換で買い(ロング)ポジションポジションを決済もしくは、構成比率を調整へ
下落トレンドの発生で売り(ショート)ポジションを増加させ、上昇トレンド・中立トレンドへの転換で売り(ショート)ポジションポジションを決済もしくは、構成比率を調整へ
YJFX  
外貨預金よりも安い手数料!!外国為替証拠金取引【外貨ex】
・ FXの魅力の1つであるスワップポイントをお得に提供しています
  ※ 長期投資に適しています

・ スマートフォンのアプリのデザインは素晴らしく、機能改善頻度が高いので使いやすい
・ 初心者方から~上級者まで毎月幅広いセミナー・イベントを無料で開催しています
・ サイバーエージェントFXはYahoo JAPAN グループならではの安心と多彩なサービス


<<口座開設はこちらから>>
ワイジェイFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ

日銀 追加金融緩和を決定 2014年10月31日

■日銀が追加金融緩和を決定
日銀は年間で約80兆円(30兆円から80兆円)の長期国債買入れ、マネタリーベースを増加させる追加緩和を決定しました。
このマネタリーベースの増加は一定の円安効果をもたらすため、米ドルドルや豪ドル、ユーロ円は発表直後から主要通貨は上昇しています



■マネタリーベースの解説
(A)マネタリーベース=「日本銀行券発行高」+「貨幣流通高」+「日銀当座預金」= 資金供給量


(B)日銀の発行した貨幣や銀行などの金融機関に供給しているお金の残高で、金融機関の手元資金量になる。(現金通貨と金融機関が日銀に持つ当座預金の合計額)
一般的に、これには利子が付かないので、金融機関は融資などをして利益を上げる必要性にせまられるので企業への融資が増加し経済成長へとつながることを目的としています


(C)結果として、資金供給量の増加は市中の貨幣量が増額しますので円の価値が下落し円安へと誘導されます。
(マネタリーベース→増加→貨幣量増加→量が増加するので貨幣価値が下がり→金利が下がる/通貨安→経済活動が刺激される)

※ 短期的なものではなく、やや長めの時間軸で作用することに注意が必要です
YJFX  
外貨預金よりも安い手数料!!外国為替証拠金取引【外貨ex】
・ FXの魅力の1つであるスワップポイントをお得に提供しています
  ※ 長期投資に適しています

・ スマートフォンのアプリのデザインは素晴らしく、機能改善頻度が高いので使いやすい
・ 初心者方から~上級者まで毎月幅広いセミナー・イベントを無料で開催しています
・ サイバーエージェントFXはYahoo JAPAN グループならではの安心と多彩なサービス


<<口座開設はこちらから>>
ワイジェイFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ

豪ドル見通し 豪ドルの値動きを予想する 2014年10月31日

2014年10月31日

■今週のNYダウ株式は大幅に上昇しています。
米国債売却し株式を購入する動きが加速したため、投資マインドは上昇し、豪ドルなどへの投資が増加する流れとなりました。
この影響を受けて、豪ドルは10月16日の安値91円後半から上昇が続いています。
NYダウ株式によく似た値動きをしていることになります。
(国債を→売却→株式→購入→国債価格下落 / 利回り上昇→豪ドルの変動にも影響する)
(投資マインド強まる→国債を売却して→株式→購入→株価→上昇へ→他通貨への投資マインド上昇へ)



■NYダウ株式
豪ドルの値動きを知るには、豪ドルに大きな影響を与える、NYダウ株式を知ることが重要なテーマとなります。
現在のNYダウ株式は9月19日の高値173,500ドル台へと近づきつつあります。
この、9月19日の高値で2番天井(ダブルトップ)を形成し下落へと転換するのか?
9月19日の高値を越えて上昇が続くのか? が争点となります。
値動きが、ライン(A)に沿った上昇が続くのか? ライン(B)で上昇が抑えられ下落するのか? どちらを優先して動きが進むかを状況を見ていく必要がある状況となります



■現在のNYダウ株式は米経済への成長期待からNYダウ株式は上昇しています。
注意点としては、9月19日の高値前後でポジティブな経済指標でも、9月19日の高値を越えることができず、ネガティブな経済指標で9月19日の高値を越えることも予想されます。
これは、テクニカル分析のライン(A)と(B)の優先度合いが強く影響すると捉えることができますので経済指標とあわせて、テクニカル分析を重ね合わせて方法が有効だと予想されます。

YJFX  
外貨預金よりも安い手数料!!外国為替証拠金取引【外貨ex】
・ FXの魅力の1つであるスワップポイントをお得に提供しています
  ※ 長期投資に適しています

・ スマートフォンのアプリのデザインは素晴らしく、機能改善頻度が高いので使いやすい
・ 初心者方から~上級者まで毎月幅広いセミナー・イベントを無料で開催しています
・ サイバーエージェントFXはYahoo JAPAN グループならではの安心と多彩なサービス


<<口座開設はこちらから>>
ワイジェイFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ