豪ドル見通し

<< スポンサーリンク >>

豪ドル見通し < 豪ドル週間予想 > 2014年10月26日

2014年10月26日

< 豪ドル週間予想 >

■豪ドルは終値ベースでライン(C)での攻防で上昇に転じ、サポートライン(A)を形成しながら、上昇して今週の終値をむかえています。



■値動きがライン(A)とライン(B)のどちらを優先するかが争点となります。ライン(A)に沿った値動きが続くと、上昇が継続し、ライン(A)を割り込むと再度、中立・下落トレンドへと転換します。
※ 引き続き、豪ドルの予想変動率が(ボラティリティ)が高い水準で推移していますので、値動きの変動幅には注意が必要です。
レジスタンスラインまで上昇すれば、サポートラインまで下落し、再度上昇と下落を繰り返す予想変動率が(ボラティリティ)が高い典型的な値動きとなっています



■現在、豪ドルを含めて主要通貨はNYダウ株式や欧州株か指数など、株価の影響を受けた値動きの変動が現れていますので、NYダウ株式や欧州株価指数の動向を見ていく状況にあります。
特に、米と欧州では株価に影響を与える経済指標の発表が予定されていますので、今週発表される経済指標の結果を見ていく必要があります



■[ 今週の週間予想レンジ ]
週間の予想変動率(ボラティリティ)は約1.60円となっていますので、先週の終値 約95.1円に対して、1.60円の範囲内で上・下する状況です。
約95.10円 + 1.60円 = 約 96.70円 (最大上限値)
約95.10円 - 1.60円 = 約 93.50円 (最大下限値)

ボラティリティの使い方・・・→始値・高値・安値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
[ 新規・決済 ]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生する)



■各ラインをでポジション調整の方法
サポートライン(A)とレジスタンスライン(B)を基準とした値動きを見ていく必要がありますので、トレンドと時間足の変動率(ボラティリティ)と各ラインを重ね合わせながらポジション調整をしていきます。
サポートラインライン(A)に沿った値動きで買いポジションを継続し、サポートライン(A)を割り込んだ時点でポジション調整へ。

※ トレンド・変動率(ボラティリティ)は・・・→豪ドル見通し<豪ドル予想・テクニカル分析>で更新しています



■今週の主な予定
10月27日 (米) 中古住宅販売成約
10月28日 (米) 耐久財受注
10月28日 (米) S&P/ケース・シラー住宅価格指数
10月28日 (米) 消費者信頼感指数
10月29日 (米) FOMC政策金利発表
10月30日 (NZ) ニュージーランド準備銀行(RBNZ)政策金利発表
10月30日 (豪) 輸入物価指数
10月30日 (豪) 輸出物価指数
10月30日 (米) 第3四半期GDP
10月30日 (米) 第3四半期個人消費
10月30日 (米) イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
10月31日 (日) 全国消費者物価指数
10月31日 (豪) 第3四半期生産者物価指数
10月31日 (欧) 失業率
10月31日 (欧) 消費者物価指数
10月31日 (米) 個人支出
10月31日 (米) 個人消費支出(PCEコア・デフレーター)


<<お勧めFX口座>>
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ

豪ドル見通し < NY市場 > 2014年10月24日

< テクニカル分析 NY市場 >

red-3 豪ドルは、東京市場でサポートライン付近まで下落する場面がありましたが、欧州市場とNY市場でやや上向きの上昇が継続しています。


red-3 引き続き、豪ドルの予想変動率が(ボラティリティ)が高い水準で推移していますので、サポートラインまで到達し戻り/上昇し、レジスタンスラインに到達すると下落する傾向が強い値動きの変動幅には注意が必要です
上昇すれば、下落し、再度上昇と下落を繰り返す予想変動率が(ボラティリティ)が高い典型的な値動きとなっています。



red-3 豪ドルのテクニカルポイントは ・・・→ 豪ドルの値動きを予想するへ (2014年10月24日記事)


black-3 短期分析 [ 想定範囲:2時間足~日足 ]
[ 予想トレンド ]・・・→ やや上向き継続

(1)95円半ばにレジスタンスラインがあり
  (このラインを越えると、上昇トレンド継続の可能性が高くなる)

(2)94円前半・94円半ばにサポートラインがあり
  (このラインまで一時的な下落のかの性があり)

(3)・・・→ サポートラインを維持する間は、やや上向きのトレンド継続へ
   ・・・→ 94円近辺のサポートライン割れで、トレンド転換の可能性があり(注意)
   ・・・→ 想変動率が(ボラティリティ)が高いので、サポートラインまで到達し戻り/上昇し、
        レジスタンスラインに到達すると下落する傾向が強い



black-3 現在の予想変動率 = 約0.26(2時間)~1.16円(日足)の変動幅(ボラティリティ)
  予想変動率が(ボラティリティ)が高い水準ですので値動きの変動幅には注意が必要です


blue-3 ボラティリティの使い方・・・→ 始値・高値・安値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
 [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

blue-3 トレンドの使い方・・・→トレンドの利用方法(ポジション構成の調整ポイント)へ


<<お勧めFX口座>>
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ

豪ドルの値動きを予想する 2014年10月24日

2014年10月24日
■最近の値動き
豪ドルは終値ベースでライン(C)での攻防で上昇に転じ、サポートライン(A)を形成しながら、上昇しています。



■テクニカルポイント
値動きがライン(A)とライン(B)のどちらを優先するかが争点となります。
ライン(B)をこえると上昇が継続し、ライン(A)を割り込むと再度、中立・下落トレンドへと転換します。
※ 引き続き、豪ドルの予想変動率が(ボラティリティ)が高い水準で推移していますので、値動きの変動幅には注意が必要です。
上昇すれば、下落し、再度上昇と下落を繰り返す予想変動率が(ボラティリティ)が高い典型的な値動きとなっています



■各ラインをでポジション調整の方法
レジスタンスライン(A)とライン(B)を基準とした値動きを見ていく必要がありますので、トレンドと時間足の変動率(ボラティリティ)と各ラインを重ね合わせながらポジション調整をしていきます。
レジスタンスライン(B)を越えた時点で買いポジションを継続し、サポートライン(A)を割り込んだ時点でポジション調整へ。

※ トレンド・変動率(ボラティリティ)は・・・→豪ドル見通し<豪ドル予想・テクニカル分析>で更新しています


<<お勧めFX口座>>
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ