豪ドル見通し

<< スポンサーリンク >>

豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文 2014年9月2日

■豪準備銀行(RBA)が、政策金利を2.5%に据え置くことを決定しました。


・現在の適応症で、最も賢明なコースは、金利の安定期である可能性が高い
  (当面政策金利据え置きを示唆
・低金利政策は、時間の経過とともに強化され需要と経済成長への支援を提供する必要がある
  (政策金利据え置きを示唆
・インフレは今後2年間で2%~3%パーセントの目標と一致すると予想
中国の経済成長は穏やかに続くと予想される反面、中国の不動産市場は短期的に弱くなると予想

※ 前回の声明文を踏襲している部分が多い



■豪経済と労働市場への言及
資源セクターの投資支出が大幅に減少し始めていますが、他の産業への投資は改善し続ける。
歴史的に見て商品価格は高いままですが、オーストラリアにとって重要資源(鉄鋼石・石炭)は今年に入って下落している。
(資源価格→下落→輸入額→減少→貿易額の減少へ警戒感→オーストラリア経済→影響)

豪経済指標の改善にも関わらず、失業率は増加しており、最近の数ヶ月間で労働市場の指標はいくつかの改善であったが、一貫して失業率が低下するには、おそらく、時間を必要とします。
賃金の伸びが著しく低下していることを確認され、これは、非貿易財やサービスの価格を緩やか(減速)にしています。これは最新の価格データ、より明確に反映されており、その結果、インフレ率は目標と一致している。
豪準備銀行(RBA)は現状の労働市場から、インフレの状況下にあっても為替レートは低いレベルであり続けなければならないと言及しています。
(賃金上昇率→低い→生産コスト→低下→結果として労働市場の低下が→製品価格に現れている→インフレ率の上昇→緩やか→RBAの目標と一致→政策金利→据え置きへ)
(豪ドル高→輸出産業→金額ベースで→ネガティブ→豪ドル下落→国内の輸出産業に関わる→ネガティブ→労働市場→悪化へ)



■政策金利への言及と豪ドルへの影響
「豪ドルは歴史的基準から依然高い」 との言及が続いていますが、 最近の経済指標からは 「金利据え置きは賢明で安定期である可能性が高い」 と言及や 「政策金利を緩和する余地があるとの強い」 との言及はなされず、金融市場では当面政策金利据え置きが予想され、大きな変動は至っていない状況です。

※ 「金利据え置きは賢明で安定期である可能性が高い」 により、当面は金利据え置きが予想されるため政策金利による大きな変動が発生しにくい状況であると捉えることができます
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ

豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年9月2日

< 豪ドル予想・テクニカル分析 >

red-2 本日の予定
(豪) 豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文
(豪) 住宅建設許可件数
(豪) 第2四半期経常収支

black-2 短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]
(予想トレンド)・・・→ やや上向き

(1)96円半ば・97円近辺にサポートラインがあり
  (サポートラインを維持しながらやや上向きのトレンドが続くのか? 争点)
  (このラインを下へと割り込むと、やや下向きのトレンド転換の可能性があり)

(2)97円前半・97にレジスタンスラインがあり
  (このラインを越えてトレンドが継続するのか? 争点)

(3)・・・→ サポートライン(1)を維持している間はやや上向きのトレンドが継続へ



green-2 現在の予想変動率 = 約0.073(2時間)~0.49円(日足)の変動幅(ボラティリティ)




black-2 中長期分析 [ 想定範囲:1週間~2ヶ月間 ]
(予想トレンド)・・・→中立

(1)中立的状況
   
(2)約1.16円~3.5円のレンジの範囲内で上・下する状況です
   約95円+3.5円=98.5円(最大上限値)
   約95円-3.5円=91.5円(最大下限値)
   
(3)短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]で上昇が続くと、最大上限値98.5円前後への上昇が視野へ(1ヶ月~2ヶ月)
短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]で下落が続くと、最大下限値91.5円前後への下落の可能性があり


green-2 現在の予想変動率 = 現在から約1.16円~3.5円(ボラティリティ)



green-2 ボラティリティの使い方・・・→現在値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
 [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

green-2 トレンドの使い方・・・→トレンドの利用方法(ポジション構成の調整ポイント)へ
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ

中国製造業PMI 【8月】 2014年9月1日

■中国製造業PMI【8月】が発表されています
[ 結果 ] 51.1ポイント・・・→前回数値を上回る(前回数値:51.7)

※ PMI→50.0より上→景気上昇 : PMI→50.0より下→景気後退
※ PMIは製造業の購買担当者の生産計画などを指数化した数値


2014年9月1日中国PMI




■中国PMI低下の内容
新規受注指数(52.5ポイント)、生産(53.2ポイント)など中国の製造産業が前回数値から減速しています。
中国国内での製造産業の減速を意味すると同時に、世界の工場として中国が経済成長を発展させていますので、工場(加工食品)の製品生産や工場建設に必要な原材料の消費減少や。この原材料として、鉱物資源・食糧なども減少している現れとなりました。
この資源調達先として資源を供給しているがオーストラリアです。



■PMIと新規受注指数の解説
※ PMIは製造業の購買担当者の生産計画などを指数化したものになり、中国PMI指数の上昇は、生産材料(特に資源関連)の消費量増加へとつがるため、オーストラリア最大の資源輸出先の中国の資源消費増加は、輸出のプロセスを通じてオーストラリア経済と豪ドルに影響を及ぼします。
(中国→オーストラリア最大の輸出先→中国経済成長→オーストラリアの中国向け輸出量の→プロセスを通じて→オーストラリア経済と豪ドルに→影響を与える)

※ 新規受注指数は新たに生産受注を表す指数となるので、企業の生産活動が増加傾向にあるのか、または縮小傾向にあるのかが分かる指数となります
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ