×HSBC中国製造業PMI【7月】 2014年7月24日

■HSBC中国製造業PMI【7月】
[ 結果 ] 52.0ポイント・・・→前回数値/事前予想を上回る(前回数値:50.7)

※ PMI→50.0より上→景気上昇 : PMI→50.0より下→景気後退
※ PMIは製造業の購買担当者の生産計画などを指数化した数値

2013年1月以来の高い水準まで上昇し、中国製造業の改善傾向が現れた結果となりました。

※ 豪ドルはHSBCの結果に上昇で反応しています



■PMI上昇の背景
サブインデックス(構成項目)の新規受注が改善したため、中国の内需は強く、HSBC製造業PMIは改善したと予想されます。
物の製造に必要な資源の輸入も増加する傾向へとつながりますので、資源を輸出する側のオーストラリアはの貿易量の増加を通じてオーストラリア貿易収支と豪ドルに影響することになります。
更に製品在庫水準が縮小すると、今後製品を生産を拡大する可能性があるため、この点も生産に必要な資源を輸出するオーストラリアにはポジティブとなります。
(中国製造業指数の→改善→中国の製造業や貿易収支の改善を意味する→オーストラリアから→輸出量増加へとつながる→オーストラリア経済と豪ドルに影響する)



■豪ドルへの影響
96円前半・96円後半にレジスタンスラインまで上昇する場面がありました。
現在の豪ドルは95円近辺~95円前半にサポートラインがありますので、サポートラインがやや上向きのトレンドを支えれながら94円前半のレジスタンスラインを超えて上昇が続くか? を確認する点が争点となっています。
ヤジルシgif SBIFXトレード  
orange-2 業界最狭水準のスプレッド!SBIFXトレード
orange-2 少額から始める投資 初めての取引実践など目的に合ったゆったり外貨運用へ!
orange-2 1通貨単位」から、お取引ができます!
orange-2
スワップポイント」は「1通貨単位分から 付与」されます。
orange-2 豪ドルのスプレッドが「
0.77銭~」と狭く、コスト面から収益機会が拡大へ
orange-2 1300万人が選んだ、信頼のSBIブランド!
orange-2 SBIFXトレード は外貨預金よりも、コスト、金利、取引単位でお得です!


ヤジルシgif<<口座開設はこちら下のバナーから>> SBIFXトレード
FX業界初となる小数点以下4桁表示(対円通貨)により収益機会が広がりました
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ



×豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年7月24日

< 豪ドル予想・テクニカル分析 >


black-2 短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]
(予想トレンド)・・・→ やや上向き

(1)95円近辺~95円前半にサポートラインがあり
   (このラインを維持する間はやや上向きのトレンド継続へ)
   (一時的に、このラインまで下落の可能性があり)

(2)96円前半・96円後半にレジスタンスラインがあり

(3)・・・→(1)のサポートラインがやや上向きのトレンドを支え、(1)サポートライン割れで、トレンドは中立もしくはやや下向きへとなるため、(1)のサポートライン前後での値動きに注意が必要な状況へ


green-2 現在の予想変動率 = 約0.13円~0.46円の変動幅(ボラティリティ)





black-2 中長期分析 [ 想定範囲:1週間~2ヶ月間 ]
(予想トレンド)・・・→中立

(1)中立的状況  

(2)中立的状況の間は、93円台を軸に予想変動率(ボラティリティ)
   約1.23円~4.2円のレンジの範囲内で上・下する状況です
   約93円-4.2円=88.8円(最大下限値)
   約93円+4.2円=97.2円(最大上限値)

(3)短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]で上昇が続くと、最大上限値97.2円前後への上昇が視野へ(1ヶ月~2ヶ月)
短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]で下落が続くと、最大下限値88.8円前後への下落の可能性があり


green-2 現在の予想変動率 = 現在から約1.23円~4.2円(ボラティリティ)



green-2 ボラティリティの使い方・・・→現在値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
 [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

green-2 トレンドの使い方・・・→トレンドの利用方法(ポジション構成の調整ポイント)へ
ヤジルシgif SBIFXトレード  
orange-2 業界最狭水準のスプレッド!SBIFXトレード
orange-2 少額から始める投資 初めての取引実践
など目的に合ったゆったり外貨運用へ!
orange-2 1通貨単位」から、お取引ができます!
orange-2
スワップポイント」は「1通貨単位分から 付与」されます。
orange-2 豪ドルのスプレッドが「
0.77銭~」と狭く、コスト面から収益機会が拡大へ
orange-2 1300万人が選んだ、信頼のSBIブランド!
orange-2 SBIFXトレード は外貨預金よりも、コスト、金利、取引単位でお得です!


ヤジルシgif<<口座開設はこちら下のバナーから>> SBIFXトレード
FX業界初となる小数点以下4桁表示(対円通貨)により収益機会が広がりました
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ



×豪第2四半期消費者物価指数(CPI)【前期比・前年比】 2014年7月23日

■(豪)第2四半期消費者物価指数(CPI)【4月~6月】
[ 前年比 ]3.0%・・・→前回数値を上回り・市場予想と一致 (ややポジティブ) 
[ 前期比 ]0.5%・・・→前回数値を下回り・市場予想と一致 (ややポジティブ)


■(豪)基調インフレ率
[ 前年比 ] 2.8% (前回数値:2.65%)
※ (豪準備銀行(RBA)→インフレ率を政策金利を判断材料の1つとして決定する→金利に影響する→豪ドルの変動に影響する) 
※ 前年比が目標範囲の中央値(2.65%)より0.3%上の2.8%の結果となりました

※ 基調インフレ率 = RBAは、インフレのトレンドを測るために消費者物価指数以外に、消費する支出64項目について調整後により算出されるインフレ指数を基調インフレ率として採用しています


豪消費者物価指数2014年7月23日

■消費者物価指数(CPI)が示すものは
豪インフレ率は、豪準備銀行(RBA)がインフレ目標とする2%~3%の上限値3%まで上昇する結果となりました。
基調インフレ率も2.8%へと上昇していますので、消費と景気が上昇した現れと捉えることができます。
この点から、豪経済の内需は拡大し、経済成長が続いていることを示し豪ドルの価値を高めるため、短期的に豪ドルは上昇で反応しています。
(消費者物価指数→増減→消費量→増減→企業の物の供給量→影響→企業収益→影響→雇用と消費が更に増減→消費者物価指数と景気の→サイクル)


■インフレ率の理解(重要度:高)。
今回の結果は、豪準備銀行(RBA)が、適切な金融政策として長期目標に設定しているインフレ率を2%~3%の範囲内の上限値3.0%に位置しています。
(インフレ率→2%~3%を長期的目標→今回の結果3.0%→政策金利据え置きから→将来政策金利引き上げの可能性があることを示す)
ヤジルシgif SBIFXトレード  
orange-2 業界最狭水準のスプレッド!SBIFXトレード
orange-2 少額から始める投資 初めての取引実践など目的に合ったゆったり外貨運用へ!
orange-2 1通貨単位」から、お取引ができます!
orange-2
スワップポイント」は「1通貨単位分から 付与」されます。
orange-2 豪ドルのスプレッドが「
0.77銭~」と狭く、コスト面から収益機会が拡大へ
orange-2 1300万人が選んだ、信頼のSBIブランド!
orange-2 SBIFXトレード は外貨預金よりも、コスト、金利、取引単位でお得です!


ヤジルシgif<<口座開設はこちら下のバナーから>> SBIFXトレード
FX業界初となる小数点以下4桁表示(対円通貨)により収益機会が広がりました
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ