豪ドル見通し

<< スポンサーリンク >>

豪ドル見通し < 豪ドル週間予想 > 2015年1月25日

2015年1月25日

< 豪ドル週間予想 >

■豪ドルは、サポートライン(A)を割り込んだため下落が加速し、97円前半で終値をむかえています。



■レジスタンスライン(A)が優先され、サポートライン(A)を割り込み下落が進んでいます。
現在は、レジスタンスライン(A)に沿った下落への注意が必要な状況が続いていますので、サポートライン(B)までの下落を警戒する状況に位置しています。
豪ドルは、サポートライン(B)までの下落警戒とレジスタンスライン(B)まで上昇/戻しをした場合、レジスタンスライン(A)で上昇をおさえられて再度下落する状況を警戒することが必要です。
各ラインで時間足のトレンドと変動率(ボラティリティ)を重ね合わせながら、日足のトレンドを把握する必要があります。

※ 予想トレンドは・・・→ 豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> で更新しています



■[ 今週の週間予想レンジ ]
週間の予想変動幅(ボラティリティ)は約2.44円となっていますので、先週の終値 約93.15円に対して、2.44円の範囲内で上・下する状況です。
約93.15円 + 2.44円 = 約   95.59円 (最大上限値)
約96.15円 - 2.44円 = 約   90.71円 (最大下限値)

※ トレンド・変動率(ボラティリティ)は・・・→豪ドル見通し<豪ドル予想・テクニカル分析>で更新しています



■今週の予定
1月27日 (米) 耐久財受注
1月27日 (米) S&P/ケース・シラー住宅価格指数
1月27日 (米) 新築住宅販売件数
1月28日 (豪) 第4四半期消費者物価(CPI)
1月28日 (米) FOMC政策金利発表
1月29日 (NZ) RBNZ政策金利発表
1月29日 (NZ) 貿易収支
1月30日 (日) 全国消費者物価指数(CPI)
1月30日 (豪) 第4四半期生産者物価指数(PPI)
1月30日 (欧) 失業率
1月30日 (欧) 消費者物価指数・速報
1月30日 (米) 第4四半期GDP・速報値
1月30日 (米) 第4四半期個人消費
1月30日 (米) シカゴ購買部協会景気指数
2月 1日 (中) 製造業PMI
  • 外為オンライン  
  • FXの新手法 iサイクル注文 が新登場
  • 当サイトのテクニカル分析のトレンドを利用を取引に有効利用
  • あらかじめ指定した変動幅が相場の上昇、下落に合わせて自動追従し注文を
      繰り返す為、より利益を追求することが期待できる注文方法です
  • 必要なのは最初の設定だけ。あとは設定したルール通りに、
      あなたに代わって昼も夜も24時間取引を繰り返します。感情に左右されることなく
      あなたが決めたルール通りに自動でコツコツと、細かい利益を積み上げます
      忙しくてFXにチャレンジ出来なかった方にこそ、iサイクル注文™をおすすめします。
  • iサイクル注文™は、自動で注文を繰り返します。

    << FXの新手法 iサイクル注文 が新登場>>
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
    ランキングに参加しています!
    モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

    にほんブログ村 為替ブログへ

  • HSBC中国製造業PMI【1月】 2015年1月23日

    ■HSBC中国製造業PMI【1月】
    [ 結果 ] 49.8ポイント ・・・→ ややネガティブ (前回数値/事前予想を上回る)
    [ 前回 ] 49.6ポイント
    ※ PMI→50.0より上→景気上昇 : PMI→50.0より下→景気後退
    ※ PMIは製造業の購買担当者の生産計画などを指数化した数値



    ■中国経済の詳細な状況
    ・新規輸出 : 増加 (ポジティブ)
    ・新規輸入 : 増加 (ポジティブ)
    ・新規受注 : 増加 (ポジティブ)
    ・雇用状況 : 低下 (ネガティブ)
    ・製品価格 : 下落 (ネガティブ)
    ・在庫水準 : 減少 (ネガティブ)



    ■HSBC中国製造業PMIの結果は、2ヶ月連続で景気を判断する50.0ポイントを下回り、中国経済の減速が鮮明になりつつあります。
    先日発表された、IMF(国際通貨基金)の世界経済見通しレポートでも、中国の経済成長(GDP)の減速が示されています。
    ※ IMFレポート(クリックで参照)

    最近、中国の経済成長減速傾向は原油など資源消費を減少させますので、原油価格の下落が進んでいます。この原油価格の下落は先に現れています
    中国のGDPは7.3%と非常に大きく、この中国の経済成長の減速は世界の株価や商品価格、為替に影響を与えることになります。
    (世界の各国は中国へ→製品を輸出→企業利益をあげている→中国→経済減速傾向→世界の企業の業績悪化→予想強まる→投資選好→低下→豪ドルの買い/ロングポジション→利益確定/ショートポジション→増加→豪ドル→下落へ
  • 外為オンライン  
  • FXの新手法 iサイクル注文 が新登場
  • 当サイトのテクニカル分析のトレンドを利用を取引に有効利用
  • あらかじめ指定した変動幅が相場の上昇、下落に合わせて自動追従し注文を
      繰り返す為、より利益を追求することが期待できる注文方法です
  • 必要なのは最初の設定だけ。あとは設定したルール通りに、
      あなたに代わって昼も夜も24時間取引を繰り返します。感情に左右されることなく
      あなたが決めたルール通りに自動でコツコツと、細かい利益を積み上げます
      忙しくてFXにチャレンジ出来なかった方にこそ、iサイクル注文™をおすすめします。
  • iサイクル注文™は、自動で注文を繰り返します。

    << FXの新手法 iサイクル注文 が新登場>>
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
    ランキングに参加しています!
    モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

    にほんブログ村 為替ブログへ

  • 豪ドル見通し <テクニカル分析 欧州・NY市場> 2015年1月23日

    < テクニカル分析 NY市場 >

    red-3 豪ドルは、欧州市場にはいり下落が進行しています。
    現在、94円半ばのサポートラインを割り込み下落トレンドが継続中です。


    短期分析 [ 想定範囲:2時間足~日足~3日 ]
    [ 予想トレンド ]・・・→ 下落
  • トレンドを利用した画期的な自動売買・・・→ 外為オンラインiサイクル注文がお勧めです。

    (1)91円後半・90円半ばにサポートラインがあり
       (このラインまで下落を考慮へ)

    (2)94円後半・95円半ばにレジスタンスラインがあり

    (3)・・・→ レジスタンスラインまで上昇/戻しは一時的な可能性が高い

    black-3 現在の予想変動幅 = 約0.45(2時間足)~1.38円(日足)の変動幅(ボラティリティ)


    orange-3 ボラティリティの使い方・・・→ 始値・高値・安値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
     [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

    orange-3 トレンドの使い方・・・→トレンドの利用方法(ポジション構成の調整ポイント)へ
  • 外為オンライン  
  • FXの新手法 iサイクル注文 が新登場
  • 当サイトのテクニカル分析のトレンドを利用を取引に有効利用
  • あらかじめ指定した変動幅が相場の上昇、下落に合わせて自動追従し注文を
      繰り返す為、より利益を追求することが期待できる注文方法です
  • 必要なのは最初の設定だけ。あとは設定したルール通りに、
      あなたに代わって昼も夜も24時間取引を繰り返します。感情に左右されることなく
      あなたが決めたルール通りに自動でコツコツと、細かい利益を積み上げます
      忙しくてFXにチャレンジ出来なかった方にこそ、iサイクル注文™をおすすめします。
  • iサイクル注文™は、自動で注文を繰り返します。

    << FXの新手法 iサイクル注文 が新登場>>
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
    ランキングに参加しています!
    モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

    にほんブログ村 為替ブログへ