豪ドル見通し

豪ドル見通し

<< スポンサーリンク >>

豪ドル見通し <豪ドル予想 テクニカル分析> 2015年7月2日

< 豪ドル予想 テクニカル分析 >

本日の予定
(豪) 貿易収支
(独) 生産者物価指数
(米) 非農業部門雇用者数
(米)
失業率


短期分析
[ 想定範囲:2時間~12時間 ]
[ 予想トレンド ]・・・→ 中立
(1)93円半ば・92円後半にサポートラインがあり

(2)94円後半・95円半ばにレジスタンスラインがあり

(3)・・・→ サポートラインとレジスタンスラインの間で中立トレンドを形成中
   ・・・→ サポートラインとレジスタンスラインを越えた方向へ値動きが進むと予想されます
   ・・・→ 現在、レジスタンスライン以下まで上昇(戻し)後、サポートラインまで下落するジグザグトレンド




アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFXの「ループ・イフダン®」は 一定値幅ごとに売りと買いを繰り返し、コツコツ利益を積み上げていくアイネット証券のオリジナル売買システムです
※ 米ドル/円で2銭(原則固定※2)なので低コストです
・ アイネット証券のi-NET「ループ・イフダン®」の強みは、システムトレードで業界最安水準の低コストです!
※ 口座開設は・・・→アイネット証券[アイネットFX]




日足分析
[ 想定範囲:1日~1週間 ]
[ 予想トレンド ] ・・・→ 中立
(1)90円後半~90前半・87円後半サポートラインがあり

(2)95円半ば・98円後半レジスタンスラインがあり

(3)・・・→ 短期分析で下落が続く場合、サポートラインまで一時的下落の可能性があり
   ・・・→ 現在、当面この中立トレンドが継続する可能性が高い
   ・・・→ 87円後半に到達後、上昇(戻し)がない場合、トレンドは下落へと転換へ


※ ゆっくりとした長期投資には1ドル単位から取引ができるSBIFXトレードがお勧めです。


[ 1カ月予想レンジ ]
約4.38円(1ヶ月)のレンジの範囲内で上・下する状況です
X = (始値・高値・安値)+4.38円=最大上限値
X = (始値・高値・安値)-4.38円=最大下限値

現在の予想変動率 = 週足・月足の始値・高値・安値から、約4.38円(ボラティリティ)


ボラティリティの使い方・・・→ 始値・高値・安値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
 [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)



トレンドの使い方・・・→トレンドの利用方法(ポジション構成の調整ポイント)へ
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ

IMFは返済期限延長を検討へ 2015年7月1日

■IMF(国際通貨基金)のギリシャへの対応
ギリシャ政府は6月30日期限の返済債務15億ユーロの債務を返済しなかったことを確認したと発表した。
この、返済がなかったことに対して、IMF(国際通貨基金)のライス報道官は、
「債務を返済しなければギリシャは追加融資は受けられない」
「ギリシャから返済期限の延期要請を受け、IMFは理事会で検討する」 との見解を示しました。



■金融市場ではギリシャの債務返済がなかったことに対して、現在大きな混乱はなく、IMF(国際通貨基金)がギリシャに対する今後の対応や7月~9月にむかえるギリシャの債務返済期限の資金繰りを欧州財務相会合(ユーログループ)の追加融資で返済できるのかが争点となります。

現在、ユーログループ側求めている緊縮財政や財政再建策をギリシャが受け入れれば、現在の債務返済期間を11月末まで延長し、さらに追加総額約155億ユーロの支援を行うことを提案していますが、ギリシャ側がこれを拒否しているため、ギリシャの債務返済計画の予定は不明瞭となっています。
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ