×米第2四半期GDP 2014年7月31日

■米第2四半期GDP
[ 前期比年率 ]・・・→4.0%  (前回数値:-2.1%)

※ 米GDPは予想以上に増加し、米ドルやユーロは円に対して大幅に上昇しましたが豪ドルは小幅上昇にとどまる展開へ



■米個人消費と在庫投資が貢献
米経済全体の約7割を占める個人消費は第2四半期に2.5%増加、耐久財(自動車・家具)が14%と、大きな伸び率となりました。
在庫投資もGDPに貢献し、マイナスからプラスへと転じる結果となりました。

※ 景気回復が始まると、消費増加から企業は意図的な在庫も増やそうとし、在庫調整を行うため在庫投資はプラスとなる



■豪ドルへの影響
米GDP結果が好感され米ドルが買われ上昇したため、逆に豪ドルは米ドルに対して下落しています。
この点から、豪ドルは対円で小幅上昇にとどまる展開となっていますので、円と米ドルを見ていく状況にあります。
※ 現在の豪ドルはテクニカル面を優先した値動きが続いています。経済指標の結果は、テクニカル面の範囲内で変動する結果となっています。


※ テクニカル分析・・・→< 豪ドル予想・テクニカル分析 >
orange-2 SBIFXトレード  
orange-2 業界最狭水準のスプレッド!SBIFXトレード
orange-2 少額から始める投資 初めての取引実践など目的に合ったゆったり外貨運用へ!
orange-2 1通貨単位」から、お取引ができます!
orange-2
スワップポイント」は「1通貨単位分から 付与」されます。
orange-2 豪ドルのスプレッドが「
0.77銭~」と狭く、コスト面から収益機会が拡大へ
orange-2 1300万人が選んだ、信頼のSBIブランド!
orange-2 SBIFXトレード は外貨預金よりも、コスト、金利、取引単位でお得です!


<<口座開設はこちら下のバナーから>> SBIFXトレード
FX業界初となる小数点以下4桁表示(対円通貨)により収益機会が広がりました
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ



×豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年7月31日

< 豪ドル予想・テクニカル分析 >


red-2 本日の予定
(豪)住宅建設許可件数
(豪)第2四半期輸入物価指数
(豪)第2四半期輸出物価指数
(ユーロ)消費者物価指数
(米)シカゴ購買部協会景気指数



black-2 短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]
(予想トレンド)・・・→ 中立

(1)95円前半にサポートラインがあり
   (このラインまでの一時的下落の可能性があり)

(2)96円前半にレジスタンスラインがあり
   (このラインを越えると、やや上向きのトレンドへ転換の可能性があり)

(3)・・・→(1)~(2)の間は中立トレンドへ


green-2 現在の予想変動率 = 約0.11円~0.45円の変動幅(ボラティリティ)
予想変動率は低く、サポートラインとレジスタンスラインの間で上昇・下落を繰り返す中立トレンドを示唆





black-2 中長期分析 [ 想定範囲:1週間~2ヶ月間 ]
(予想トレンド)・・・→中立

(1)中立的状況  

(2)中立的状況の間は、93円台を軸に予想変動率(ボラティリティ)
   約1.23円~4.2円のレンジの範囲内で上・下する状況です
   約93円-4.2円=88.8円(最大下限値)
   約93円+4.2円=97.2円(最大上限値)

(3)短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]で上昇が続くと、最大上限値97.2円前後への上昇が視野へ(1ヶ月~2ヶ月)
短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]で下落が続くと、最大下限値88.8円前後への下落の可能性があり


green-2 現在の予想変動率 = 現在から約1.23円~4.2円(ボラティリティ)



green-2 ボラティリティの使い方・・・→現在値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
 [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

green-2 トレンドの使い方・・・→トレンドの利用方法(ポジション構成の調整ポイント)へ
orange-2 SBIFXトレード  
orange-2 業界最狭水準のスプレッド!SBIFXトレード
orange-2 少額から始める投資 初めての取引実践
など目的に合ったゆったり外貨運用へ!
orange-2 1通貨単位」から、お取引ができます!
orange-2
スワップポイント」は「1通貨単位分から 付与」されます。
orange-2 豪ドルのスプレッドが「
0.77銭~」と狭く、コスト面から収益機会が拡大へ
orange-2 1300万人が選んだ、信頼のSBIブランド!
orange-2 SBIFXトレード は外貨預金よりも、コスト、金利、取引単位でお得です!


<<口座開設はこちら下のバナーから>> SBIFXトレード
FX業界初となる小数点以下4桁表示(対円通貨)により収益機会が広がりました
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ



×IMFレポート 2014年7月30日

■国際通貨基金(IMF)は、一部の先進国(米国と英国)の金利上昇が為替相場に大きな揺れが生じさせ、脆弱性と外国為替エクスポージャーにより資産に問題を引き起こす可能性を示しました。(ユーロ圏と日本では金融緩和が続く)
IMFでは現在の為替相場や金融市場は安定しているとしていますが、今後一部の先進国の金利上昇により大きな変動が起こる可能性に言及しています。

※ エクスポージャー = リスクの程度を表す。資産や負債の中で、市場の価格変動リスクの影響を直接受ける資産の割合を表し、外貨建て資産の保有比率を外貨エクスポージャーといいます



■為替市場では、投資による為替変動が約80%~70%となる状況があります。(実際の実需量と投資取引量により、さらに変動します)
この、投資活動には金利差を意識して金利の高い通貨へと資金が流れる傾向がありますので、IMFが示した米国とイギリスなどで金利が上昇すると金利の低い日本とユーロとの間で大きな変動が生じることになります

(為替市場→変動→80%~70%→投資活動にるもの→金利差→投資活動→金利差を意識→変動が生じる)



■スピルオーバー(波及効果)が世界経済へ影響
米国とイギリスの早期利上げにより、借入コストが上昇する面と、新興国の経済成長低下の面により、世界経済の成長が最大で2%減速するとの見解を示しています。
(米国・イギリス→早期→利上げ→金利上昇→資金の借入コスト→上昇→資金を借り入れる側→消極的な経済活動へ→経済成長→低下へ)
(新興国→経済成長→低下→消費減速→先進国から→新興国向け→輸出減少→世界経済→最大で2%減速へ)
orange-2 SBIFXトレード  
orange-2 業界最狭水準のスプレッド!SBIFXトレード
orange-2 少額から始める投資 初めての取引実践など目的に合ったゆったり外貨運用へ!
orange-2 1通貨単位」から、お取引ができます!
orange-2
スワップポイント」は「1通貨単位分から 付与」されます。
orange-2 豪ドルのスプレッドが「
0.77銭~」と狭く、コスト面から収益機会が拡大へ
orange-2 1300万人が選んだ、信頼のSBIブランド!
orange-2 SBIFXトレード は外貨預金よりも、コスト、金利、取引単位でお得です!


<<口座開設はこちら下のバナーから>> SBIFXトレード
FX業界初となる小数点以下4桁表示(対円通貨)により収益機会が広がりました
ランキングに参加しています!
モチベーションにつがりますので応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ