豪雇用統計 (ランクA) FX 初心者向け解説 - 豪ドル見通し

豪雇用統計 (ランクA) FX 初心者向け解説 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪雇用統計 (ランクA) FX 初心者向け解説

FX 初心者向け解説

豪雇用統計
 (ランク:A)


■豪雇用統計
(A) 雇用情勢が個人所得や個人消費動向に影響を及ぼすため、オーストラリア経済全体やRBA(豪準備銀)の金融政策の方向性を知る経済指標です。

(B) 雇用が不安定になると個人所得が減り個人消費(需要)が減少することになります。
消費の減少は良好なインフレを目標(2%~3%)としているRBA(豪準備銀)の金融政策と逆行することになるため、政策金利引き下げ実施が高くなりることがあります。



■雇用統計の見方
(C) オーストラリアの新規雇用者数や失業率は一定的せず変動があるため、好調な期間の後に消費が回復し経済も好調となる傾向が強く、月単位よりも3ヶ月~6か月単位で観測する必要あります。
失業率は実態景気に対しては反応が遅いため、よりリアルタイムの景気を表した「新規雇用者数」の増減の方が為替市場参加者の注目を集めます。

(D)注意点としては、実態経済への効果をやや長期的な効果の視点から見ることと、実態経済への効果が表れるには時間がかかることを考慮する必要があると思われます。




結果:ポジティブ
「雇用増加→個人所得安定→家計の消費活動→増加→生産する側の企業→生産活動拡大→オーストラリア経済成長に影響する→その結果→豪ドルの需要→増加→豪ドルの上昇後押しへ」

結果:ネガティブ
「雇用減少→個人所得不安定→家計の消費活動→減少→生産する側の企業→収益減少し→雇用と所得減少→消費減少サイクル→オーストラリア経済成長に影響→その結果→豪ドルの需要→減少→豪ドル下落傾向へ」
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。