豪消費者意識(消費マインド) (ランクA) FX 初心者向け解説 - 豪ドル見通し

豪消費者意識(消費マインド) (ランクA) FX 初心者向け解説 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪消費者意識(消費マインド) (ランクA) FX 初心者向け解説

FX 初心者向け解説

豪消費者意識
 (ランク:A)


■豪消費者意識(消費マインド) (ランク:A)
消費マインドは、将来の物の消費を表す数値となります。
この物の消費を表す数値は、企業側の物の供給量を増加させ、それに伴う収益増加が雇用を安定化させます。
雇用の安定が、更に消費の増加を期待へとつながるため、この一連の流れが、経済全体を成長させるサイクルとなります。


■豪消費者意識(消費マインド)の見方
消費者信頼感指数は細かい動きをするため、3ヶ月間以上の数値をから、上向き下向きを捉える必要があるため、3ヵ月以上の数値で 「少しずつ上昇する流れ」 「少しずつ下落する流れ」 から長期的な傾向を把握し値動きへの判断材料となります。


■消費者意識(消費マインド)は、世界経済の影響を受けやすく、消費者が世界経済の不安定を意識した結果、消費者意識が下がり、消費量が低下することになります。
オーストラリアでは、中国経済や住宅ローンなどが消費者意識に影響するため、中国経済の成長・減速などの傾向や借入金利の変動が消費者意識を変動させます。



結果:ポジティブ
「消費マインド上昇→物の消費量→増加へ→つながる→企業の物の供給量増加→企業収益→増加→雇用安定へ→消費が更に増加→経済を成長させる→サイクル→やや長めの豪ドル上昇へ」


結果:ネガティブ
「消費マインド下落→物の消費量→減少へ→つながる→企業の物の供給量減少→企業収益→減少→雇用不安定へ→消費が更に減少→経済を減速させる→サイクル→やや長めの豪ドル下落へ」
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。