付利の解説 (ランクB) FX 初心者向け解説 - 豪ドル見通し

付利の解説 (ランクB) FX 初心者向け解説 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


付利の解説 (ランクB) FX 初心者向け解説

FX初心者向け解説
付利の解説
 (ランク:B)



■付利の解説

(A) 各金融機関が日銀に預けている預金(当座預金)のうち一定比率(準備率)として定められている法定準備があります。
金融機関が日銀に預ける当座預金で、この法定準備を上回る預金を超過準備といいます。

超過準備(日銀内にある金融機関の預金)は、金融危機などで、金融機関の流動性リスク(資金の枯渇)に備え資金が乏しく倒産の危機に陥った金融機関へ資金を融資する短期貸付として利用するとしています。
(金融機関が日銀に預けている預金(当座預金)→ 一定比率(準備率)を→上回る預金額→超過準備→金融危機などで→資金が枯渇した金融機関へ→超過準備を融通する)
※ 日銀内に預けられている超過した預金を、資金が枯渇した金融機関へ融通する


(B) 問題はこの超過準備に対して0.1%の利息が付与されているため、多くの金融機関は市中の民間企業や家計への資金融資よりも、金利は0.1%と低いですが安定して利息を得ることができる、超過準備(日銀内にある金融機関の預金)への預金を増加させ、一方で市中への融資は減少することになりました。


(C) 日銀サイドでは、この超過準備(日銀内にある金融機関の預金)は金融危機など資金の枯渇に陥った禁輸機関への必要な短期貸付準備預金であるして、0.1%の金利を付与し、超過準備の増加を図ったきましたが、各金融機関が市中への融資よりも0.1%の金利を得ることができる超過準備(日銀内にある金融機関の預金)へシフトを続けたため、デフレ加速の1つとしてあげられています。
この点から、日銀はデフレ政策を推進したことになります。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。