豪ドル見通し (キプロスの預金者、預金引出しへ) 2013年3月18日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し (キプロスの預金者、預金引出しへ) 2013年3月18日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し (キプロスの預金者、預金引出しへ) 2013年3月18日

■キプロスへの支援条件に預金課税盛り込まれたことを背景にユーロが下落、円の買戻しが進みました。
キプロスでは預金課税を見越して、預金者が預金の引出しを始めているもようです。

更に、格付期間会社ムーディーズは「キプロスの動きは欧州の銀行の格付けに悪影響を与える公算が大きい」との見解を示しました。



■預金引出しの影響(預金者が預金を引出した結果)
(1)一般的に、金融機関や投資銀行は、預金者や投資家から預かった資金を運用しています。
預金引出しが進むと、現金化出来る手元の資金流動性(現金化できる資産)が減少し、他の金融機関から調達する必要性が発生します。


(2)多くの金融機関は相互に短期的は融資をし合っているので、預金流出により相互融資の困難が増し、金融機関の資金の枯渇が進みます。そうすと、預金者は更に他の金融機関でも預金引出しを急ぐといった、スパイラルを警戒感が高くなる傾向が発生します。


(3)預金引出しが続くと金融機関や投資銀行はそれに応じるため、金融機関が保有する株式を売却して現金化するので、この売却が株式市場の下落を誘うことと、(2)の金融機関の資金の枯渇は投資マインドを低下させるとが、投資から安全資産へと資金がシフトする傾向が強まります。



■今後、ユーロ圏債務問題へと再度発展すると、ユーロ圏の国債と株式は売らるため、国債利回りと株価指数に現れますので、ユーロ圏の国債利回と欧州株価指数を見ていく必要があります。
逆にドイツ国債は買われるのドイツ国債利回りは低下することになります。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

こんばんは

自分のサイト検索を
どの位か、見ていたら、このブログのFBページを発見

誠に勝手では御座いますが
ブログシェアさせて頂きました。

不要なら、削除致しますので
仰って下さいね。

本日、久しぶりに対円で下落
ショートポジション久しぶりに決済致しました。

個人的には、もう少しゆっくりかと見通しておりました。

今後とも宜しくお願い致します。

2013-03-19 00:58 │ from FX masaURL

FX masa さんへ

FBのシェアありがとうございます。
大歓迎です。

ショートポジション決済とのことでおめでとうございます。

更に下落が進むのかを見ていきたいですね。


今後もよろしくお願いします。

2013-03-21 09:04 │ from AUSURL

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1564-a14c79df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。