豪ドル見通し ウエストパック先行指数 2013年3月20日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し ウエストパック先行指数 2013年3月20日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し ウエストパック先行指数 2013年3月20日

■ウエストパック先行指数
[ 前月比 ]・・・・(+)0.3%  前月数値から(+)0.2%上昇
[3ヶ月~9ヶ月先の経済活動] 3.4ポイント(1.5ポイント上昇)

※ 3ヶ月~9ヶ月先の経済活動が安定へ=将来の経済成長は良いと予想できる
※ 将来のオーストラリアの景気動向を示す指数


■3ヶ月から9ヶ月先の経済活動予想では3.4ポイントまで上昇、長期トレンドの2.7%を上回るとし、先行指数が2013年も堅調な伸びをすると示しています。
これは、2013年もオーストラリアの経済活動は強く推移すると予想されていることになります。

この数値は、コモでティ価格と株価指数の上昇、アメリカ経済の改善などによりオーストラリアの経済が進むと予想しているもようです。

一方で、3ヶ月~9ヶ月先のオーストラリアの経済活動がトレンドより上の3.4ポイントとなるには、ピークが近い資源産業の低下を非資源関連の成長がオーストラリアの経済成長を補うとしていますので、非資源関連産業の成長が重要な位置づけとなります。



■非資源セクターの状況を見る
豪株価指数(S&P/ASX200指数)から、セクター別で見ると、資源セクターは下落していますが、生活必需品・金融セクター・ヘルスケアのセクターなど非資源産業は上昇が進んでいます。
一方で、非資源セクターの上昇は、RBAが政策金利を引下げた結果、家計の消費が増加し非資源関連産業の売上/供給が増加している現われから非資源関連株価が上昇していることからも、豪準備銀行(RBA)が需要/消費に対して重要金融政策をしていたことがわかります。

(A)消費マインド・家計の消費増加→(B)生活必需品セクターの売上上昇→(C)資源関連セクターの低下分を補う
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1568-8ee43e7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。