豪ドルの現状をテクニカル分析から把握する - 豪ドル見通し

豪ドルの現状をテクニカル分析から把握する - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドルの現状をテクニカル分析から把握する

2013年3月27日

■豪ドルの現状をテクニカル分析から把握する
(1)ライン(A)~(B)で三角もちあいの傾向が見られるので、三角もちあい上放れ、下放れを見ていく必要がありそうです。

(2)ライン(C)~(B)では短期レンジ相場を形成しているためレンジ相場の長期化も予想されるますが、(C)を上超え、(B)を下超えで値動きの方向性がでてくると思われます。

(3)・・・(1)(2)を確認後に方向性を把握することが重要です。



■ライン(B)を下放れすると三角もちあいも下放れをするため、短期下落トレンドが継続を警戒する状況となります。
現在の下抜け条件として、NYダウの下落と経済情勢の不安定= NY下落×(かける)経済情勢不安定=リスク回避で下落へ


一方で、NYダウが大きく下落(上昇)していない状況下において、経情勢が不安定(安定)時には、ライン(B)は「押し目買い」のポイントとなりそうです。

逆に、NYダウが上昇(下落)し、経済情勢が不安定(安定)な状況下においては、ライン(A)・(C)が「戻り売り」のポイントになりそうです


※ NYダウと経済情勢が反対の状況であることに注意(NYダウ経済情勢)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1585-db51c4e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。