豪ドル債 (豪ドル関連投資信託) - 豪ドル見通し

豪ドル債 (豪ドル関連投資信託) - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル債 (豪ドル関連投資信託)

1021
FreeDigitalPhotos

■豪ドル建て投資信託の流出(新規購入から解約・償還を差し引いた額)が続いています。
これは、為替市場の豪ドル高値警戒感と同じく、豪ドル建て投資信託の分野でも豪ドルの高値を警戒して、解約と償還が進んでいることになりなります。



■豪ドル債(投資信託)の特徴
豪ドル債には、オーストラリア各州発行の債券や金融機関を中心とした社債が組入れられています。
特に、投資信託に組入れられている金融機関の利息は高く、投資信託の運用収益を増加させています。(分配金が高い)
オーストラリアの金融機関の多くは、不動産融資への貸付で得た利益や各金融機関が行う運用(株や国債などの売買による)利益が投資信託に組入れられている社債のクーポン(利息)を通じて、投資信託の収益に還元されていますので、オーストラリアの不動産市場や金融機関が行う株や国債などの市場の安定が、投資信託にも反映されることになります。

※ 分配金込み(再投資)をトータルリターンとした場合、過去10年で最高値を更新している商品が多く見られます。


一方で、豪ドルの下落は、オーストラリアからの運用収益を減少させ、逆に豪ドル高はオーストラリアからの運用収益を増加させるので、この点から豪ドルの動向に気を配る必要があり、豪ドル高になると下落への警戒間から、投資信託の解約が発生する傾向が強まります。
(豪ドル高/円安→オーストラリアからの運用収益→増加→豪ドル安/円高→オーストラリアからの運用収益→減少→豪ドル安を警戒)



■オーストラリアの金融機関では不動産融資は5%台~6%台と高く、大きな収益を得ていると同時に、金融機関が行う取引、株式・国債の売買からの収益も多く計上されています。
オーストラリアの金融機関での預金金利は月0.5%が付与され、預金者にボーナス金利を付与することが出来るぐらい、非常に高い収益を上げているのが現状です。



■最近の豪ドル債の投資信託では分配金を減らして、基準価額を保つとった、基準価額を適正に維持する方針を進めている投資信託も出始めています。
分配金が出ると、主要投資対象の市場の動きに関係なく基準価額が下がることがあります。
投資信託の分配金は、運用資産の中から支払われるので、分配金が支払われると、その分、投信の運用資産が減少し基準価格も下落します。

投資信託の運用で増加した収益を分配金として支払っていれば投信の元本は一定に保たれるが、運用収益が
悪化した時に運用収益以上に分配金を払い出すことが続くため、元本が減少していくことになる点が基準価額の下落につながります。



■分配金を長期間受け取り続けることで、トータルの基準価額はプラスになる可能性が多く見られ、基準価額の増減額と分配金の受取額のトータルで保有投資信託を判断することが重要となります。




black-2【SBI証券】ではオーストラリア関連の投資信託が充実しています
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。