豪国債利回りに注目 2013年4月22日 - 豪ドル見通し

豪国債利回りに注目 2013年4月22日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪国債利回りに注目 2013年4月22日

■豪ドルを国債利回りに注目
(1)豪ドルは105円まで上昇後に98円台まで下落し、現在は102円台で推移しています。
一方で、オーストラリア長期国債利(10年国債)回りは3.68%から3.22%へと少しずつ低下しています。


(2)国債価格の低下と上昇には多くの要因がありますが、現在のオーストラリアでは代表的なオーストラリアの株価指数(S&P/ASX200指数)が小幅低下しているため、豪株式を売却し国債を購入していると予想されます。
(株式を→売却→国債→購入→国債価格上昇 / 利回り低下→豪ドルの変動にも影響する)


(3)豪ドルが105円台を超えるには、この国債利回りの変動を見る必要があると思われます。
国債の利回りが上昇し始めると、それは国債の売却が進み売却された資金が、株式市場や金融市場へと資金が流れ込むため、その資金が豪ドルを買う要因となり、結果として豪ドルの上昇へとつながる現れとなる傾向が強まるためです。
(国債→売却→利回り→上昇→投資資金→株式市場へと流れる)

※ 国債の金利が上がることが国債が不安定になっていることではないことに注意が必要です
  (株式への投資が増加する過程で国債が売られ利回りが上昇へ)
※ S&P/ASX200指数 = オーストラリア株式の市場パフォーマンスを表す指標株価指数



■3月の豪ドルの上昇は豪国債利回りから上昇し豪ドルが買われた面もありましたが、4月の上昇は日銀の金融緩和により上昇しています。
現状では、105円を超える上昇には豪国債利回りの上昇や、日銀の資金供給(毎月7兆円規模の国債買取)、その他の要因が必要であると思われます。

※ 注意点としては国債価格の変動には様々な要因があり、現在の豪ドルはオーストラリア国債とオーストラリア株式市場が連動した結果豪ドルが買われ上昇しています。今後は違う要因で国債価格が変動することもあるあため世界の経済事情を考慮しながら経過を見ていく必要があります
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1639-f7704e4c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。