豪ドル見通し 生命保険会社と海外債権 2013年26日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し 生命保険会社と海外債権 2013年26日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し 生命保険会社と海外債権 2013年26日

■国内主要生命保険会社の資産運用計画が発表されました。
(1)投資先を国内債券から海外の債券へとシフトし、運用利回りの低い日本国債から海外の国債へと運用資金が少しずつ流れ始めたことを示しています。
※ 現在の海外への資金シフトは限定的とされています


(2)日銀が金融緩和の手段として市中から国債を買入れにより、日本国債の利回りが低下したため、少しでも利回りの多い海外再建へで資金を運用することが背景にあります。利回り = 運用収益(単純な説明)
(日銀金融緩和→市中から→国債を買う→国債価格→上昇→利回り低下→運用収益減少→資金は→日本から→海外へ)
詳しい国債利回りの解説は
・・・→国債の利回りの考え方へ


(3)生命保険全体では300兆円の資金があるとされ、資金の運用先を日本から海外へとシフトが続くと、資金のシフト過程では円を売って外貨を買いますので、一定の円売り効果が発生します。
この点から、日本国債利回りの低下が続けば続くほど、生命保険全体からのキャッシュフローは日本から海外へとシフト限定的な規模から、強まる傾向へと変化する可能性があるので、日本国債利回りと海外利回りとの差が重要な数値となりそうです。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1649-ca468ae9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。