豪準備銀行(RBA) 政策金利・声明文 2013年5月7日 - 豪ドル見通し

豪準備銀行(RBA) 政策金利・声明文 2013年5月7日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪準備銀行(RBA) 政策金利・声明文 2013年5月7日

■RBA(豪準備銀)が、政策金利を0.25%引き下げ、2.75%にすることを決定しました


(A)政策金利の引き下げは、経済の持続可能な成長促進とインフレ目標を達成するために適切と判断

(B)成長は2012年全体ではトレンドに近い傾向にあったが、下半期は低下傾向になり、これは2013年まで続いているように見える(雇用は比較的低いままでも失業率はやや増加)

(C)豪ドルは歴史的に高い水準にある




■豪準備銀行(RBA)は、持続的な経済成長の促進と、インフレ目標の達成のために政策金利を0.25%を引き下げたと表明しています。
(政策金利引き下げ→借入れ金利低下へ→企業が資金を借り入れ易い→家計・企業への→融資増加→経済活動を後押し→経済成長へ)



豪準備銀行(RBA)は、雇用と失業率の水準に言及しています。
この点から、オーストラリア経済には、政策金利を引き下げることで経済成長を促進させ、成長の過程で雇用を安定させる効果にも期待していると思われます。
(政策金利引き下げ→借入れ金利低下へ→企業が資金を借り入れ易い→家計・企業への→融資増加→経済活動を後押し→経済成長→企業の雇用増加へ)



■豪準備銀行(RBA)は改めて豪ドル高について言及しています。
今回の政策金利引き下げは、豪ドルは主要通貨の中では買われ上昇しているため、政策金利を引き下げて豪ドル高を抑制する意味合いもあるため、この点から、投資資金の流れの方向が変化するのかを見ていく必要がると思われます。
短期的には金利差の縮小を意識され、下落で反応しています。

長期的にはRBAの過去数回の政策金利引き下げにも関わらず、世界の金融緩和による市場への資金供給が豪ドルへの資金流入と豪ドル高になる結果となっています。
(金利引き下げ観測→金利差縮小→豪ドルの魅力縮小→投資資金→豪ドルを売る流れ→豪ドルの上昇を抑える)

※ 金融緩和により市中の貨幣量が増加すると、量の増加から円の価値が下落し円安へと誘導されると同時に市中に供給された貨幣は株式や為替市場などへ投資資金として流れ込みますので、豪ドルも2012年5月から長期上昇傾向を続けています
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。