豪ドル見通し 住宅建設許可件数 2013年5月30日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し 住宅建設許可件数 2013年5月30日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し 住宅建設許可件数 2013年5月30日

■豪住宅建設許可件数【4月分】
[承認された総住宅件数]  13,774件
[一般居住用住宅件数]   7,832件
[居住用住宅以外の物件]  5,660件



■4月の許可された住宅件数
前月に対しては・・・→(+)9.1%
年間トレンドは・・・→(+)0.4%



■前年に対して住宅市場は改善が進み、[居住用住宅以外の住宅]の数値が(+)18.0%の伸び率を示しています。
これは、大型のビル、ショッピングモール、賃貸物件などの不動産市場の上昇が進んでいることを現し、一般住宅件数も(+)2.5%と増加しています。
一般住宅以外の大型のビル、ショッピングモール、賃貸物件などの不動産関連の増加が著しく、収益を重視した不動産関連への資金流入増加傾向が続いていることになります。


※ 住宅建設から、多くの消費(住宅資材・家財・電化製品など)と雇用(建築する作業員)が生まれ、それらが経済成長の活動につながります。
そたのめ、今回結果から今後、雇用や消費がネガティブになることを考慮する必要性があることになります。
(許可件数→増減→住宅建設に関わる→雇用と消費→増減→雇用・消費→影響する→オーストラリア経済と豪ドルに影響する)



■豪ドルへの影響は
豪ドルは住宅市場の改善結果により、上昇する場面がありましたが、日経平均の下落により引きずれて下落しています。
この点から、引き続き日経平均先物(取引の場所/時間を変た取引所)の流れにあわせるように値動きが進むため、日経平均先物が下落を続けるのか?見ていく必要があります
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1707-fbc9b7dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。