豪ドル見通し 豪小売売上高 2013年6月3日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し 豪小売売上高 2013年6月3日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し 豪小売売上高 2013年6月3日

■オーストラリア小売売上高【4月】
(1)前回数値(-)0.4%を上回る、(+)0.2%となりました。
※ 数値面で(+)0.2%ポジティブな結果となりました。


(2)上昇の最も大きな要因は、その他の小売業(0.1%)、商品販売(1.3%)、食品小売業(0.5%)、カフェ、レストラン、テイクアウトのフードサービス(0.5%)、衣類、靴、服飾品小売業(1.8%)
※ 豪統計局では3月に(-)0.4%減少した後に、(+)0.2%へと増加しています。


(3)数値では(+)0.2%と改善を示しましたが、2013年1月・2月の、(+)1.2%・(+)1.3% からは低い水準に位置しています。

この点から、オーストラリアの個人消費はやや低下傾向が見られます。



■5月21日に豪準備銀行(RBA)が政策金利引き下げています。
これは、個人消費や経済活動を促進させるために実施され、前回数値の(-)0.4%から(+)0.2%へのプラス圏へのさらに改善へとつながることに期待が高まります。

※ 2013年の経済成長の低下予想やインフレ見通し小幅下方修正(消費の減少と言い換えることがきる)が政策金利引き下げの要因としています
(政策金利→引き下げ→企業/家計→資金借入→容易になる→経済活動→後押し→経済成長促進へ)
(インフレ率見通し→小幅下方修正→政策金利を→引き下げ→経済成長促進→消費増加→目標インフレ率へ)



■やや長い目で小売売上高のトレンドを見ると・・・
2012年・2013年の平均的な水準に位置していますので、改善はしめされた状況です。
豪ドルが上昇トレンドを描き続けるには、長期トレンド数値である、2013年3月・4月・5月につけた水準の0.4%を超えて0.5%の数値への上昇が必要であると予想されます。

小売売上高の長期上昇トレンドが、0.5%へと上昇すると、豪準備銀行(RBA)の政策金利は据え置が継続し、逆に、小売売上高の長期上昇トレンドが0.3%へと低下すると、政策金利の引き下げ観測が浮上することになります。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1711-87cd5a05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。