豪ドル見通し <欧州市場・NY市場> 2013年7月3日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し <欧州市場・NY市場> 2013年7月3日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し <欧州市場・NY市場> 2013年7月3日

<欧州市場・NY市場>


■豪準備銀行(RBA) スティーブンス総裁発言
「必要とされる支援をするための権限使うことができる」
「依然として豪ドルは高くコストと生産性に大きな影響を与えている」
「為替レートが上昇が多くの経済セクターを圧迫している」
・・・→政策金利引き下げと豪ドル安誘導を示唆している
・・・→この発言を受けて豪ドルは大きく下落する展開へ


これは、7月2日に発表された声明文でも同様の内容となっていますが、改めて豪ドル高への牽制と政策金利引き下げ示唆を表明したことになります。
声明文の内容は・・・→豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文 2013年7月2日へ


■「必要とされる支援をするための権限」(下落要因)
オーストラリア経済に必要なことはする権利があると、非常に強い発言に注目です
(政策金利引き下げ→金利低下へ→企業が資金を借り入れ易い→家計・企業への→融資増加→経済活動を後押し→経済成長へ)



■豪ドルの下落可能性の言及への背景(7月2日掲載記事から抜粋)
豪ドルは4月上旬以来、約10%下落していますが、豪準備銀行(RBA)では為替レートは経済の成長のリバランスを促進するのに役立つだろう としていますので豪準備銀行(RBA)は豪ドルが下落するとオーストラリアの経済成長の促進に役立つとしており、豪ドルの下落のためには政策金利を引き下げて豪ドルの下落を誘導する有効性を示唆していることを読み取ることができます。
(豪ドル高→金額ベースで見た貿易額→減少→貿易産業・鉱物産業を通じて→オーストラリア経済にはネガティブ→豪ドル→下落→貿易産業と鉱物資源に関わる産業と経済→促進する)
(金利引き下げ観測→金利差縮小観測へ→豪ドルの魅力縮小→投資資金→豪ドルを売る流れ)



■豪ドルへの影響
豪ドルは【短期分析】で争点となっていた予想短期レジスタンスライン92円後半手前で上昇を阻まれています。
現在の豪ドルはこのラインが強く作用しているため、短気トレンドは下落へと方向転換する可能性が高くなっています。
中長期トレンドは一貫して下落トレンドを継続していますので、短気的な争点である92円後半は特に重要な争点となっていました。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1758-7677318d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。