豪ドル見通し (週間見通し) - 豪ドル見通し

豪ドル見通し (週間見通し) - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し (週間見通し)

2013年7月14日

■豪ドルは、ライン(B)~(C)を軸にした下落が進んでいます
このライン(B)~(C)のまま値動きが進み、サポートライン(A)を割込むと継続下落、逆に、サポートライン(A)で下げ止まり、新たなラインが形成されると短期上昇トレンドを形成されると予想されます
この点から、短期的な値動きはこのライン(C)~(D)を越えて新たなライン形成をするのか? サポートライン(A)で反転するのか? サポートライン(A)を割込み下落が進むのか? ライン(C)~(D)・ライン(A)軸にした値動きを見ていく必要がある状況です
※ 各ライン付近でポジション調整が必要な状況となるため、各ラインを軸にして値動きを見ていく必要があります。


■7月15日には中国のGDPの発表が予定されています
最近の中国では経済減速や中国の金融機関の流動リスクなどが豪ドルを下落させる
中国GDPの低下は、先行観測からオーストリア貿易収支に影響(貿易収支減少を先行期待したことによる下落)しますので、豪ドルの下落へとつながります。
特に、中国GDPの低下から鉱物資源の消費が減少すると資源価格は下落するため、資源価格と連動性のある豪ドルは、貿易収支減少を先行期待したことによる下落と資源価格の下落に連動した下落の2面性を持っているため重要な経済指標になります。



■主な経済指標
7月15日 (中)中国4~6月期GDP
7月15日 (中)中国鉱工業生産
7月15日 (中)中国小売売上高
7月15日 (米)小売売上高
7月16日 (豪)豪準備銀行(RBA)議事録
7月16日 (米)消費者物価指数
7月16日 (米)鉱工業生産
7月17日 (日)日銀・金融政策決定会合議事要旨公表
7月17日 (米)住宅着工件数
7月17日 (米)ベージュブック(米地区連銀経済報告)
7月18日 (米)週間新規失業保険申請件数
7月18日 (米)フィラデルフィア連銀景況指数
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1780-6ca66230

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。