シリア情勢悪化への警戒から円高へ 2013年8月28日 - 豪ドル見通し

シリア情勢悪化への警戒から円高へ 2013年8月28日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


シリア情勢悪化への警戒から円高へ 2013年8月28日

■シリア情勢悪化への警戒
(1)シリア情勢悪化への警戒感から、円買いが進み、株式市場でもNYダウや日経平均先物が大きく下落する展開となっています。


(2)シリア情勢の悪化は、リスク回避による円買いや債券を買う傾向がつよまりますので、日経平均株価やその他株式市場の下落要因となります。
円高が進むと、輸出関連株化の先行きが悪化するため、日経平均株価を下落させ、リスク回避が進むと株式を売却して国債どの債券が買われ、株式市場は下落します。
この2面性から日経平均株価は下落します。
(シリア情勢悪化への警戒→リスク回避強まる→安全資産の円買いへ→輸出関連株を意識した日経平均株価下落)
(リスク回避強まる→株式を売却して→安全な国債や債券を買う傾向が→強まる→日経平均株価→下落へ)


(3)日経平均株価が豪ドルへ影響する
最近の豪ドルは、日経平均株価の影響を受けやすく、この日経平均株価上昇からくるの投資マインドのアクティブ(積極性)性とからくる上昇と日経平均株価の下落からくるパッシブ性(消極的)を天秤にかけた値動きが続いています。
流動的な(日々変る)日経平均株価やNYダウを中心とした株式市場の値動きを見ていく必要がある状況にあると思われます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1859-503bd51c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。