豪ドル予想 <週間見通し> 2013年9月8日 - 豪ドル見通し

豪ドル予想 <週間見通し> 2013年9月8日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル予想 <週間見通し> 2013年9月8日

2013年9月8日

■豪ドルは、レジスタンスライン(A)を越えて、レジスタンスライン(C)付近へと上昇する展開となっています。
今後、ライン(A)~(C)の間で値動きが続き、値動きがライン(C)を越えるのか? 再度ライン(A)を割込み下落再開となるのかを見ていく状況にあります。
ライン(A)とライン(C)付近での経済指標やマーケットの変動が各ラインを越える/割込む要因となる可能性があるため、各ライン付近でのマーケット情報には注意が必要となります。

※ 各ライン付近でのポジション調整やマーケット情報には注意が必要となります



■中国の経済指標の発表が予定されています。
中国の経済指標が良好になると、オーストラリア最大の資源輸出先の中国の資源消費増加は、輸出のプロセスを通じてオーストラリア経済と豪ドルに影響を及ぼします。
(中国PMI →資源需要→増減する→先を見越して→輸出する側のオーストラリア経済と豪ドルに→影響するサイクル)

また、日本サイドでも中国の経済指標が良好になると、中国の商品需要が増加し、日本メーカーの製品輸出が増加するため日経平均株価が変動します。
この日経平均株価の変動は投資活動をアクティブにし、豪ドルや米ドルの上昇を後押しする展開へと発展するため、日経平均株価の変動にも注目する必要があります。

※ 日経平均株価の上昇は投資マインドをアクティブ(積極的)にし、逆に日経平均株価の下落は投資マインドをパッシブ(消極的)するため、この影響を受けて豪ドルや主要通貨の変動する状況が続いています



■主な経済指標
9月 9日 (日)日本第2四半期GDP
9月 9日 (中)中国貿易収支
9月 9日 (中)中国消費者物価指数
9月 9日 (中)中国生産者物価指数
9月10日 (豪)豪NAB企業景況感
9月10日 (中)中国鉱工業生産
9月10日 (中)中国小売売上高
9月12日 (豪)新規雇用者数
9月12日 (豪)失業率
9月12日 (米)週間新規失業保険申請件数
8月13日 (米)生産者物価指数
8月13日 (米)小売売上高
9月13日 (米)ミシガン大消費者信頼感指数
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1878-9c56440c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。