豪ドル見通し 豪NAB企業景況感指数 2013年9月10日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し 豪NAB企業景況感指数 2013年9月10日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し 豪NAB企業景況感指数 2013年9月10日

■豪NAB企業景況感指数
(1)結果は、(-)6ポイント、前回改定数値(-)7ポイントから1ポイント改善しポジティブな結果となりました。
この結果が、豪ドルのゆるやかな上昇を支える展開となっています。

今回の結果を数値で見ると前回数値から、1イント改善し、オーストラリアでは企業サイドの経済活動が小幅改善したことになる、一方で、数値面は、(-)6ポイントと、マイナス圏数値となっているため、企業での景気動向は低下傾向が続いています。

※ NAB企業景況感指数 = ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が国内企業900社以上の企業を調査し、今後の景況感の動向を集計した指標です


(2)企業景況感指数のマイナス圏数値は、雇用状況やオーストラリア小売売上高に現れます。
この点から、失業率の悪化傾向、新雇用者数の減少(雇用形態がフルタイムからパートタイムへと変化)など、オーストラリアの雇用環境に影響が大きく現れていることを裏付ける結果となりました。
(フルタイム雇用者減少→パートタイム雇用者増加→企業が人件費を減らす傾向→企業の消極的な雇用状況へ→雇用やや不安定→家計の→消費減少へ)


(3)NAB企業景況感指数を見ると (-)0.8・・→(-)0.7・・→(-)0.6 へと改善は進んでいることが分かります。
この数値が、(+)圏数値へ企業景況感の改善進むと、雇用環境の改善も少しずつ進むと、雇用の安定(所得の増加)を通じた消費(小売売上高)の増加につながるため、オーストラリア雇用統計・オーストラリア小売売上高の結果を見ていく必要があります。



■豪ドルへの影響を知るには
今回の結果は、企業価値と収益に影響するため、オーストラリアの株価指数S&P/ASX200指数を見ていく必要があります
この、オーストラリアの株価指数(S&P/ASX200)が変動すると、オーストラリアに対する投資価値も変動します。
そのため、株式市場に対する投資価値と伴に豪ドルに対する投資も変動し豪ドルにも影響しますので、NAB企業景況感指数の影響はオーストラリアの株価指数(S&P/ASX200)と豪ドルに影響を与えることになります。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1882-54b7e066

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。