HSBC中国製造業PMI 2013年9月30日 - 豪ドル見通し

HSBC中国製造業PMI 2013年9月30日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


HSBC中国製造業PMI 2013年9月30日

■HSBC中国製造業PMI[9月]
[結果] 50.2ポイント ・・・前回数値50.1ポイント/事前予想51.2ポイント

※ PMI→50.0より上→景気上昇 : PMI→50.0より下→景気後退

景気の判断を示す中間点、50.0を0.2ポイントと前回数値50.1ポイントを上回りましたので、景気は安定に推移していることを読み取ることができますが、8月の50.1ポイントからほぼ横ばいの結果となりましたので景気判断は上昇よりも、底入れとの観測となります。


※ 中国の統計局が発表する中国製造業PMIとは別の機関で誤差があることに注意
※ PMIは製造業の購買担当者の生産計画などを指数化したものになり、中国PMI指数は、生産材料(特に資源関連)の消費量へとつがるため、オーストラリア最大の資源輸出先の中国の資源消費増加は、輸出のプロセスを通じてオーストラリア経済と豪ドルに影響を及ぼします。
(中国PMI →増減→資源需要→増減へ→先を見越して→輸出する側のオーストラリア経済と豪ドルに→影響するサイクル)



■豪ドルへの影響は
事前予想の51.2とは1ポイントの差がある結果となったため、景気判断を示す50.0ポイントや前回数値を上回る結果は意識されない展開となりました。
現在、HSBC中国製造業PMIよりも米暫定予算が市場への影響を強めているため、中国製造業PMIの結果によりも、米暫定予算の成立を見守る展開となっています。



■米暫定予算成立が不安定
米国の暫定予算案の成立が不安定となっていることから米政府機関が閉鎖される可能性がリスクを高めています。
この結果、円が買われ主要通貨は下落し、週明けは円高で始まりました。
予算案が期日内に可決されない場合、米政府機関への運営費の割り振りができないため、政府機関が閉鎖される恐れが金市場で浮上しリスク回避の動きが起こりました。
(米暫定予算→成立不安定→政府期間への運営費→割り振りができなり→混乱→金融市場→リスク回避を意識)

※ 金融市場は混乱をリスクと捉え、ショートポジションや株式売却をするため、混乱観測で値動きに大きな影響が現れます
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1924-3a501e73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。