豪ドル予想 <週間見通し> 2013年10月19日 - 豪ドル見通し

豪ドル予想 <週間見通し> 2013年10月19日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル予想 <週間見通し> 2013年10月19日

2013年10月19日

■豪ドルを週足で見ると、サポートライン(A)とサポートライン(B)が交差し、D点に対して水平に強いサポートラインが(B)が形成され、維持しています。
この、サポートラインにより、短期サポートラインが形成され上昇が続いています。

今後、短期サポートライン割れが発生するとライン(A)・(B)への一時的下落を描きなが週足では上昇が継続すると予想されます。

注意点として、サポートライン(A)・(B)付近で世界の経済事情の変化(悪化や流動性の枯渇、リスク回避)などが発生すると、ライン(A)・(B)を一時的に割込む可能性を考慮する必要があります。



■豪10年国債利回りは4%で安定的な動きをしています。
これは、オーストラリアで国債を売却し株式や豪ドルなどを買う傾向が強まっている現われとなりますので、この豪10年国債利回りが上昇する動向を見ていく必要が重要であると思われます
更に、豪10年国債利回り(長期金利)の上昇と、日本国債利回り(長期金利)の低下により、金利差が開き始めていますので、この金利差が魅力となり、豪ドルの価値を高めている要因の1つとなっています。

※ 利回りの解説
(A) 利回り(金利)下がる⇔国債価格が上がる⇔国債購入⇔株式や通貨など投資活動⇔減少
(B) 利回り(金利)上がる⇔国債価格が下がる⇔国債売却⇔株式や通貨など投資活動⇔増加



■主な経済指標
10月21日 (米)中古住宅販売件数
10月22日 (米)非農業部門雇用者数
10月22日 (米)失業率
10月23日 (豪)第3四半期消費者物価(CPI)
10月24日 (中)HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)
10月24日 (米)週間新規失業保険申請件数
10月24日 (米)新築住宅販売件数
10月25日 (日)全国消費者物価指数
10月25日 (米) 9月耐久財受注


豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1956-a92b234f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。