豪ドル見通し <週間レビュー> - 豪ドル見通し

豪ドル見通し <週間レビュー> - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し <週間レビュー>

豪ドル見通し <週間レビュー>

■第5回オーストラリア&ニュージーランド投資会議が開催されました
(A)スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁が
「現在の為替レートレベルはコストや生産性に適してない」
「豪ドルは、将来のある時点で著しく低くなる可能性が非常に高い」 と発言し豪ドルの下落に影響を与えました。

(B)豪準備銀行(RBA)では引き続き、低金利政策・豪ドルの下落誘導による経済成長を意識していることになります。
(豪ドル高→金額ベースで見た貿易額→減少→貿易産業・鉱物産業を通じて→オーストラリア経済にはネガティブ→豪ドル→下落→貿易産業と鉱物資源に関わる産業と経済→促進する)

(金利引き下げ観測→浮上→金利差縮小→豪ドルの魅力縮小→投資資金→豪ドルを売る流れ→豪ドルの上昇を抑える)


(C)中国経済に対しては、中国経済は、以前の2桁よりも緩やかですが中国当局の目的に沿って、成長を続けているとし、多くの金融活動で問題が発生しました。
特に 「シャドーバンキング」システムは、適切に制御され、安定して保つことができるかどうかを争点としてあげています。



■豪(オーストラリア)住宅建設許可件数[前月比]
[承認された総住宅件数]  16,318件
[一般居住用住宅件数]   8,285件(前月から増加)
[居住用住宅以外の住宅]  7,780件(前月から増加)

前月比(+)14.4%の結果となりました。前回数値(-)1.6%から大きく上昇する結果となりました。
豪住宅建設許可件数[前月比]は、前月に対する比率を表す数値のため、前月がプラス圏数値の場合はマイナス圏数値結果に、前月がマイナス圏数値の場合プラス圏数値結果になる交互にプラスとマイナスが連続することが多いですが、今回は前回数値の(+)14.4%は、前月の(-)1.6%から大きく上昇する結果となりました。



■中国製造業PMIと新規受注指数[10月]
51.4ポイントと、[前回数値 : 51.1]を上回りる結果となりました。
今回の結果は、景気・経済活動の中間値である50.0ポイントを上回り、中国の景気判断は改善が続いていることを示しています

PMIの構成要素である新規受注指数は前回数値52.8ポイントから52.5ポイントへ低下していますが、2012年・2013年前半からは上昇トレンドを形成しているため一時的な低下と予想さされます。

※ 新規受注指数は新たに生産受注を表す指数となるので、企業の生産活動が拡大傾向にあるのか、または縮小傾向にあるのかが分かる指数となります
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/1982-fa423271

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。