各国の言及と発言 2013年11月14日 - 豪ドル見通し

各国の言及と発言 2013年11月14日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


各国の言及と発言 2013年11月14日

■各国の要人発言と言及
(1)次期米連邦準備理事会(FRB)議長のイエレン副議長が、超緩和的な金融政策を継続する姿勢を示し米緩和縮小が後退が鮮明になる
(米金融緩和→縮小→後退→金融緩和→継続→市中の貨幣量増加→投資へと貨幣が流入する→豪ドルへ投資が流れる→豪ドル買われる)


(2)麻生財務相が
「為替介入という政策手段を有していることは大事」
「一方的円安や急激な円高にはきちんとシグナル送り止める」 

(3)以上から、短期的に円安が進む展開となっています。



■豪ドルを含めた主要通貨は対円で上昇しています。
現在、豪ドルは日足の、10月22日・10月23日・11月6日・11月7日の高値をを結んだ日足レジスタンスラインに上昇を押させられ上昇は限定的となっています。
このレジスタンスラインを明確に越えるのかが争点となっています。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2007-898c740a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。