豪消費者インフレ期待  2013年11月14日 - 豪ドル見通し

豪消費者インフレ期待  2013年11月14日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪消費者インフレ期待  2013年11月14日

■豪消費者インフレ期待(メルボルン インスティチュートがは発表する指標)
[結果]:1.9%
[前回]:2.0%

※ 今後の1年間の物価価格変動を知る手掛かりとなる指標なり、期待インフレ率は豪政策金利と豪ドルの中長期的な変動要因の1つとなります



■今回の豪消費者インフレ期待から見ると、オーストラリアの経済活動は穏やかな経済活動が続き、豪準備銀行(RBA)が目標とするインフレ率2%~3%の下限値2%の下に位置する結果となりました。(2%~3%が安定した経済成長を維持する数値)

この点から、オーストラリア国内の経済活動は控えめになっていると予想されます。
(消費者インフレ期待は→2%~3%が適切な範囲→下限値の2%の下1.9%→物の消費量→減少→物の供給量→減少→需要と供給の原則から→インフレ期待→0.1%下げる)



■メルボルン インスティチュートで(レポートを発行しえいる機関)は、現在の豪準備銀行(RBA)の低金利を適切とする指標結果であると言及していますので、当面は豪準備銀行(RBA)の政策金利は据え置きが妥当であると予想されることになります。
(豪準備銀行(RBA)→政策金利→据え置きが→妥当→金利差の魅力→維持→豪ドル値動きは→中長期で→レンジ相場を形成する可能性へ)

※ 時として外部要因(オーストラリア以下外の経済事情)により、大幅上昇と下落をする場合もあると予想されます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2008-cd0f55e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。