IMFが豪ドルを10%過大評価 2013年11月21日 - 豪ドル見通し

IMFが豪ドルを10%過大評価 2013年11月21日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


IMFが豪ドルを10%過大評価 2013年11月21日

IMFが豪ドルは10%過大評価されていると示しました。
豪ドルは約10%過大評価され経済成長の足かせになっているとし、豪準備銀行(RBA)は金融政策で鉱業投資などを維持する必要がある述べています。
更に、豪ドルは過大評価されたままで鉱業以外のセクターへの重しとなっているため、金融政策は引き続き緩和を継続するべきだと示しています。
(豪ドル高→海外からオーストラリア国内の企業への投資→金額ベースで減額する→企業成長→低下→経済成長低下→豪ドル下落に影響する)
(豪ドル高→金額ベースで見た貿易額→減少→貿易産業・鉱物産業を通じて→オーストラリア経済にはネガティブ)


豪準備銀行(RBA)は2011年11月以来、2.25%の政策金利引下げを行っているが、経済成長の見通しが悪化する場合の対応として政策金利引下げの手段があるとも述べています

※ 経済成長と豪ドル高抑制の必要がある場合には政策金利引下げの可能性があることを示しています


■IMFでは、豪準備銀行(RBA)が、経済成長や豪ドル高を抑制するために政策金利引下げをしましたが、投機的住宅購入のための低金利資金を供給するために作用していると示しています。
(住宅は一般的にローンで購入する→低政策金利→家計の借入金利を引き下げる→住宅購入を後押し→投資目的の住宅→増加へ)
(政策金利→引下げ→金利さの魅力→低下→豪ドル→下落→作用せず→投機的住宅市場の資金へ)



■豪ドルへの影響
昨日、IMFから声明が発表された後、豪ドルは下落する展開となりました。
現在の豪ドルは92円半ばを中心に上下2.5円の変動幅を形成した中立的状況が続いています。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2018-fabcf713

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。