(豪) 第3四半期GDP 2013年12月4日 - 豪ドル見通し

(豪) 第3四半期GDP 2013年12月4日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


(豪) 第3四半期GDP 2013年12月4日

■(豪) 第3四半期GDP
[前期比]・・・→0.6%   (前回数値:0.7%)
[前年比]・・・→2.3%   (前回数値:2.4%)


※ [前期比]は前回数値・事前予想を下回り、[前年比]でも前回数値・事前予想を下回る結果となりました。
[前期比][前年比]が前回数値・事前予想を下回る結果を受けて豪ドルは下落する展開となっています。
※ 経済成長の低下が現れています


■今回発表されたGDPの構成要素では、貿易関連で、(-)3.3%GDPを減少させています。
建設、運輸、郵便、倉庫、金融·保険サービス、公共管理と安全性や医療など、民間・企業・政府ではGDPを+0.1%増加させることに貢献していますが、貿易収支が減少しGDPを-0.1%減少する結果となりました。

「GDP=最終消費支出+投資+在庫増加+輸出-輸入」 

低下の大きな要因には、オーストラリアが輸出する鉱物資源に関わる産業の低下があると予想されます。



為替介入の可能性が強まる
今回の結果は、11月22日に豪準備銀行(RBA)のスティーブンス総裁がGDPと為替レートの 'ズレ'により為替介入の可能性を示したことと一致しています。
(低いGDP→為替レートは→低い水準になる→現在は一致していない)

詳しい情報は
・・・→豪準備銀行(RBA)が為替介入の可能性もあると示す(掲載記事へ)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2047-32171609

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。