中国鉱工業生産 2013年12月10日 - 豪ドル見通し

中国鉱工業生産 2013年12月10日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


中国鉱工業生産 2013年12月10日

2013年12月10日

■中国鉱工業生産
[中国鉱工業生産]・・・10.0%  (前回数値:10.3%)
中国の鉱工業生産は10%台で推移していますが、2013年8月につけた10.4%から小幅低下傾向が続いています。
中国の鉱工業生産の低下は、生産材料(特に資源関連)の消費量減少へとつがるため、オーストラリア最大の資源輸出先の中国の資源消費量は、輸出のプロセスを通じてオーストラリア経済と豪ドルに影響を及ぼします。
(中国→オーストラリア最大の輸出先→中国の鉱工業生産増加→オーストラリアの中国向け資源輸出量の→プロセスを通じて→オーストラリア経済と豪ドルに→影響を与える)



■中国鉱工業生産の内訳
主要なカテゴリでは鉱業部門が5.6%、製造業が11.0%、電気·ガス·水道生産·供給産業が6.9%
産業区分では繊維産業が8.2%成長し成長の伸び率が上昇しているため、繊維輸出が活発なニュージーランドでは貿易関連で良い数値が続いていることを裏付けている結果となりました。



■豪ドルへの影響は
今回の結果は8月から低下傾向が続いているため豪ドルの上値を重くする材料となりました。
現在の豪ドルは94円前半を越えるか? どうかの展開を続けており、今後もこの94円前半越えを繰り返すと買い派から売り派のへの転換が増加する可能性があり、引き続き下落には注意が必要です。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2061-834976d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。