豪準備銀行(RBA)議事録を理解する 2013年12月17日 - 豪ドル見通し

豪準備銀行(RBA)議事録を理解する 2013年12月17日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪準備銀行(RBA)議事録を理解する 2013年12月17日

■豪準備銀(RBA)が議事録を公表しました
※ 12月3日の理事会(政策金利・声明文分)の内容の議事録

(A)政策金利引き下げの可能性を閉ざさない、持続的な成長をサポートするために適切である。(必要であれば政策金利引き下げの可能性もある)

(B)豪ドルは不快なほど高水準

(C)金融政策が適切なままであったかどうかを評価するために今後数ヶ月を介してデータを調べることが続ける



■豪ドルへの影響
多くの部分で12月17日、11月19日のRBA議事録を踏襲していますので、RBA議事録が金融政策に対する言及に大きな変化がなく、現状を維持を意味していることからも推測できるため、RBA議事録による値動きに大きな影響は見られませんでした。



■豪国内経済状況
・家計の消費は下回る傾向に見えたが、消費者マインドは平均を上回って推移した
・鉱山会社や銀行の情報によると、この先鉱業投資が下落する可能性が高いことが示唆された



■政策金利への言及
政策金利引き下げの可能性を示唆していますが、直ちに政策金利引きさげをするのではなく金融政策が適切に構成されたかどうかを今後数ヶ月にわたってデータを検討し続け、政策金利決定の判断をするとしています。
これは、豪準備銀行(RBA)が政策金利を、大幅な政策金利引き下げを実施しているにも関わらず、経済成長の減速や経済活動の低下が続けば政策金利を引き下げて、オーストラリア国内の経済成長と経済活動を促進する可能性を示唆していますが、直ちにではなく今後の経済データを検証しながら判断をしていくとしています。



■豪ドル下落は豪経済に適切
為替レートは経済の成長の促進するのに役立つだろうとしていますので豪準備銀行(RBA)は豪ドルが下落するとオーストラリアの経済成長の促進に役立つとしており、豪ドルの下落のためには政策金利を引き下げて豪ドルの下落を誘導する有効性を示唆していることを読み取ることができます。
(豪ドル高→金額ベースで見た貿易額→減少→貿易産業・鉱物産業を通じて→オーストラリア経済にはネガティブ→豪ドル→下落→貿易産業と鉱物資源に関わる産業と経済→促進する)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2074-88b4a4ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。