金投資まとめ 2013年12月27日 - 豪ドル見通し

金投資まとめ 2013年12月27日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


金投資まとめ 2013年12月27日

5003

■金投資まとめ
純金投資とconservative(保守的)な資産形成への位置づけ
金投資へで最適とされるのは、毎月一定の金額で純金を購入していく純金積立で、長期的で戦略的保守主義的な資産形成をすることです。
保守主義とは、リスクを前倒しで認識計上し、逆に評価益(未決済利益)など未実現利益の計上せず、マーケットバリュー(実際に換金できる金額)で評価する

純金そのものは限りある貴重な資源で、宝飾品や携帯電話の基盤などへの実需があるため、長期的な価値が存在し、株式や債券などとは少し違う性格性の資産なので、長期的で戦略的保守的な投資対象として最適なものです。

※ 現在の金価格の状況は・・・→2013年の金価格を振り返るへ


■金価格の変動要因概要図
2013年金価格



■こつこつと積立(保守的な資産形成)
「ドル・コスト平均法」
この方法で投資信託・インデックスファンド、株式、など値動きのある金融商品を「等間隔、等金額」投資(積み立て)すると、同じ口数(等量)ずつ買付けていくよりも平均取得価格が低くなるため、投資効率がよいといわれています。
同じ金額ずつ買い付けるので、価格の高いときは少ししか買わず、価格が低い時にはたくさん買えることになるからです。
※ 価格が下がった時に購入すると、低い価格で純金を買い付けることができ、保有する純金のの平均単価は下がるが、保有する純金量は増加する


例えば
10の価格と9まで下がった価格でドル・コストト平均法で購入した場合、10+9=19÷2=平均単価8.0となります。

10の価格と5まで下がった価格でドル・コストト平均法で購入した場合、10+5=15÷2=平均単価7.5となります。

10の価格と2まで下がった価格でドル・コストト平均法で購入した場合、10+2=12÷2=返金単価6となりあす


変動幅はどうなるかわかりませんので、こつこつと毎月買付けることで、平均単価をなめらかにし、結果として長期的な期間の経過後、資産が増加することを目的とした方法です。
純金に対しては宝飾品や携帯電話の基盤、他実需を裏付けとしているため、「ドル・コスト平均法」でこつこつと積み立てることが最適なることになります。



■為替レートでも変動する純金
純金「1g=100ドル」のとき、為替レートが「1ドル=100円」なら10,000円ですが、「1ドル=110円」では11,000円になったりします。このように為替レートは金価格にダイレクトに影響しますので、為替レートを把握する必要性があります。

今後、円がドルに対して長期的に下落する(円安)傾向が強まっているため、純金投資には為替レートでの利益を享受できる可能性もあることになります。


■純金積立は毎月コツコツと純金を貯めていくお勧め会社は
マネックス証券
・マネックス証券
はゴールドは1,000円 または、1gから取引が可能です


※ 現在の金価格の状況は・・・→2013年の金価格を振り返るへ
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2089-e57c0f31

2013年の投資一族 勝つこと、勝ち続けること、それが一番大事

あけましておめでとうございます。数値が出揃ったところで2013年の世界の株式市場を振り返ってみます。年末にも少し触れたようにエマージングが壊滅、特にエマージング通貨がほとんどドルを下回り、ドルを上回った通貨は、EUR、CHF、CNY、GBP、KRWとなっています。円はインドネシアルピア並みに下落しています。日本居住の皆さん、いいですか? あなたの円建て資産は18%も下落しているのです。「円安...

2014-01-06 21:11 │ from 投資一族のブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。