豪ドル予想 <週間見通し> 2013年12月29日 - 豪ドル見通し

豪ドル予想 <週間見通し> 2013年12月29日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル予想 <週間見通し> 2013年12月29日

2013年12月28日

豪ドル予想 <週間見通し>


■豪ドルは、サポートライン(1)とレジスタンスライン(2)間に形成された下落トレンドのレンジに沿ったゆっくりとした下落が続いています。
先週に引き続き、サポートライン(1)とレジスタンスライン(2)の間で下落が続くが争点となっています。



■今週の戦略
現在値に対して日足~週足では、約0.69円(日足)~2.1円(週足)前後の変動幅(ボラティリティ)で値動きを考慮する状況に位置していますので、下落トレンドの上限値を越えないことを想定すると、上限値は93円後半~92円半ば/91円前半での範囲内で値動きが続くと予想されます。
(92円半ば = 93円半ば-0.69円)
(91円前半 = 93円半ば-2.1円)
最近の変動幅(ボラティリティ)は低くなりつつあるため、大きな変動幅は発生しにくい状況です。
今週も下落トレンドに沿った下落が続くかどうかを見ていく状況にあると思われます。
※ 下落トレンド≧変動幅(ボラティリティ)

注意点としては、変動幅(ボラティリティ)の下限値は91円前半は、サポートライン(1)付近と一致しているため、サポートライン(1)まで下落後、変動幅(ボラティリティ)が上昇すると、サポートライン(4)90円後半までの下落が視野に入りることに目線を向ける必要がとなります

※ トレンドに沿った把握したうえで、そのトレンドに変動幅(ボラティリティ)を重ね合わし、取引に活かす方法です。

※ テクニカル分析の節目での経済・金融に関する材料は急激な値値動きを発生させるため、今後もこの点には注意をしていく必要があります。
(各ライン付近での経済指標がラインを維持されるか、越える/割り込むのかの材料になる
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2093-1e75ca15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。