日本経常収支・貿易収支 2014年1月14日 - 豪ドル見通し

日本経常収支・貿易収支 2014年1月14日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


日本経常収支・貿易収支 2014年1月14日

■日本経常収支・貿易収支
[日本経常収支]・・・(-)5,982億円(2期連続の赤字:前年同月比で3.3倍)
[日本貿易収支]・・・(-)1兆2,543円


※ 「経常収支 = 貿易収支+サービス収支+所得収支+経常移転収支」


※ 貿易収支(モノの輸出入の集計)
※ サービス収支(海外旅行先で買い物をしたり食事をしたりが、日本のサービス収支の赤字に計上
※ 所得収支(企業が海外の工場建設などや海外証券投資で得た収益から、
  日本国内で外国企業などが得た利益や報酬などを引いたもの)
※ 経常移転収支(開発途上国への経済援助や国際機関への拠出金など)




■経常収支の貿易部門では2011年から赤字が続き大きな赤字が計上されているため、キャッシュフローベースでは、日本が海外から物や資源を海外から買い、結果として円を外貨に両替し支払うため円売りとなります。
経常収支赤字の流れを受けて、投資面でもこの貿易収支赤字拡大の流れにのって円売りが進んだと捉えることができます。



■上記から、貿易収支の赤字拡大を見込んで投資面で円売りを加速させてきた経緯があるため、ある時点で投資面の円売り解消が進むと、円高にるれる可能性があります。
今後も貿易収支の赤字が拡大すると予想される一方で、先を見越して円売りを加速させている投資面での円売り解消による円高には注意が必要であると思われます。



■豪ドルへの影響
豪ドルは、日本の経常収支赤字の結果を受けて小幅上昇する場面がありましたが、テクニカル面での94円前半~92円後半の間で短期レンジ相場が優先されている状況となっています。
豪ドル見通し テクニカル分析は
・・・→豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析>
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2116-3419c39f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。