世界経済成長見通し(世界銀行レポート) 2014年1月15日 - 豪ドル見通し

世界経済成長見通し(世界銀行レポート) 2014年1月15日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


世界経済成長見通し(世界銀行レポート) 2014年1月15日

■世界銀行からレポートが発表されました。
世界銀行が発表した報告書では、2014年の成長見通しは中国の起きている経済構造の変化と米国での金融刺激策の先細りに敏感であると示しました。



■世界経済成長見通し
2014年 3.2% (2013年の2.4%から上昇)
2015年 3.4%
2016年 3.5%

と、世界経済は2016年まで安定した成長をすると予測、世界銀行では 多くの国で2014年の経済成長は5%よりも少し上に位置し、中国は7.7%、インドは6.2%、アンゴラは8%で非常に良いと示しています。
多くの国の中には、日本など低成長の国があるため世界の経済成長の見通しは2014年は3.2%(2013年の2.4%から上昇) 2015年は3.4%  2016年は3.5% となります。



■地域のハイライト(東アジア·太平洋地域)
中国のGDPはレバレッジ解消や政策によって投資に依存度低下を反映して、2014年は7.7%で推移し、次の2年間は7.5%に減速し横ばい、インドネシア、マレーシア、タイの成長鈍化を予測されているので、商品価格(コモディティ)と輸出産業は予想以上に急激な下落を受けやすい



■豪ドルへの影響は
東アジア·太平洋地域のGDP低下予測観測は資源消費を減少させるため、資源を輸出する側のオーストラリアでは、、資源価格(コモディティ)の急激な下落が予想されています。
このため、2014年のオーストラリア経済は資源関連産業を通じて、GDPの低下などが予想されますので豪ドルの値動きには注意が必要となります。
(東アジア·太平洋地域→GDP→小幅低下→製造産業の低下→資源消費→減少→資源を輸出する側のオーストラリア経済と豪ドルに→影響する)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2119-334360fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。