豪経済を豪製造産業から検証する (1/2) 2014年2月24日 - 豪ドル見通し

豪経済を豪製造産業から検証する (1/2) 2014年2月24日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪経済を豪製造産業から検証する (1/2) 2014年2月24日

black-1 豪経済を豪製造産業から検証する (1/2)

■豪(オーストラリア)で生産稼働をしている
フォード社、GMホールデン社についで、トヨタ自動車が50年間続けていたオーストラリアでの生産から撤退し、オーストラリアでの自動車生産産業は事実上終焉へと向かう予定

[フォード社]・・・→2016年にオーストラリアから生産撤退
[GMホールデン社]・・・→2016年にオーストラリアから生産撤退
[トヨタ自動車]・・・→2017年にオーストラリアから生産撤退



■自動車産業撤退の背景
・持続的な豪ドル高
・製造コスト高
・規模の経済の低下


※ 規模の経済 = 生産規模が拡大され、産出数が増加することに伴って、一単位の製品やサービスを産出する平均費用が、低下すること



■エレクトロラックス社、豪製造工場からの撤退を決定
家電メーカー大手エレクトロラックス社(本社スウェーデン)は、冷蔵庫製造工場を2016年までに閉鎖することを発表しました。
毎年7,500万ドルの経済貢献をしているため、工場閉鎖は大きな影響を与えると思われます。
アジアや東欧の工場のほうが生産コストが安く「時給が25豪ドル~30豪ドルのオーストラリアに比べて、時給2.50USドルのタイのほうが会社の利益は大きい」と理由を述べています。

※ 米国のアルミ大手アルコアも豪(オーストラリア)製錬所と2つの圧延工場を閉鎖すると発表しています。


※ 続きは・・・→豪経済を豪製造産業から検証する(2/2)へと続く
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2171-5e31c75c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。