豪民間設備投資 2014年2月27日 - 豪ドル見通し

豪民間設備投資 2014年2月27日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪民間設備投資 2014年2月27日

■オーストラリア民間設備投資【前期比】
[資本支出]      ()5.2%・・→ネガティブ(前回数値:-3.6%)
[建物・構築物]    ()3.5%・・→ややポジティブ(前回数値:-4.6%)
[機器・設備や機械]  ()8.6%・・→ネガティブ(前回数値:-4.0%)
※ 2項目でネガティブな数値結果となり、特に機器・設備や機械の面でネガティブな数値が現れています



■民間企業が生産量減少に伴い設備投資を低下させるため、工場、機械、事務所、など生産に対する設備投資が不要となるため設備投資は減少します。
特に資本以外の機器、設備や機械の物理的数値では(-)8.6%減少していますので、機器、設備や機械に関わる生産性の減少が現れています。
(豪国内の生産→減少→機器、設備や機械→減少→現れ)



■民間設備投資低下の背景
中国への資源輸出の減少から鉱工業/採鉱企業セクターは低迷していることや豪国内で製造業全体が低調に推移していることが大きな要因であると予想されます。
豪PMI(豪製造業)は4ヶ月連続で低迷し、景気を判断する50.0ポイントを下回っていることからも理解できる状況下です。
豪PMI(製造業景気指数 )は・・・→2014年2月25日掲載記事へ



■豪ドルへの影響
民間設備投資[前期比]の大幅な低下は豪国内の生産の減少を意味しますので、豪ドルの価値の減少を表します。
この点から、豪ドルはゆっくりとした値動きが90円後半に到達後に、日足で反発(下ヒゲ)の兆候がない、もしくは日足で下ヒゲ出現がない場合には下落トレンドへの転換の可能性が強まる状況にあります。
※ 値動き自体はゆっくりとした動きです
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2201-caf65993

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。