豪経済見通し (2/2) - 豪ドル見通し

豪経済見通し (2/2) - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪経済見通し (2/2)

豪経済見通し(2/2)

※ 香港で開かれた、投資会議でのスピーチスティーブ豪準備銀行(RBA)総裁発言より
※ 豪経済見通し(1/2)・・・→豪経済見通し(1/2)へ

■個人消費(ポジティブ
最近のデータから強い家計消費を示し、売る側の小売産業セクターの状況、1年前よりも楽観的であることを示唆しています。
消費支出は、金融危機の前の数年に見られた家計の収入ペースに沿った成長するか、それよりも少し遅いペースであると予想されています。



■住宅市場(ポジティブ
住居価格は昨年に対して10%、ピークであった2010年のよりも5%上昇しています。

この点から、この先、住居建設活動が強く上昇することは明らかであり、過去3ヶ月の間に、民間住宅を構築するための承認された件数は、30年間で最高率となりました。
最近の推計でオーストラリアの人口は減少傾向にあり、住宅建設の増加は、良い兆候です。



■景況感(ポジティブ
過去6ヶ月間指標ではで改善しています。
設備投資の大幅な増加によって改善されたことより持続的なシグナルを待っている
雇用状況は具体的な方法で検証すると、楽観的な証拠が多くを見ることができますが、雇用状況が決定な改善を示すには、まだ早過ぎると予想されます。



■豪経済の展望(ポジティブ
今後も豪経済成長は継続しし、2015年の経済成長は、2014年(今年)よりも少し強くなると予想されます。
ただこの経済見通しは鉱業投資の成長や、低金利に支えられた需要と消費の増加だけではなく、昨年4月以降の下落した為替レートや海外から需要(海外への輸出)が経済成長に役立つことになります

※ 豪経済見通し(1/2)
・・・→豪経済見通し(1/2)へ
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2249-a2864235

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。