豪ドル見通し < 豪ドル週間予想 > 2014年3月30日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し < 豪ドル週間予想 > 2014年3月30日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し < 豪ドル週間予想 > 2014年3月30日

2014年3月30日

< 豪ドル週間予想 >

■豪ドルは、サポートライン(1)とレジスタンスライン(2)に支えられながら、上昇を続けています。
香港で開かれた、投資会議でのスピーチスティーブ豪準備銀行(RBA)総裁発言や2015年豪経済見通しなどオーストラリア経済に対するポジティブな状況が示されたことや、3月24日に発表されたHSBC中国製造業PMI【3月】4ヶ月連続で下げ続け、8カ月ぶりの低水準へと落ち込んだため、金融市場では何らかの景気刺激策があるとの観測が高まり、豪ドルの上昇を後押ししています。

※ 豪経済見通し(1/2)・・・→豪経済見通し(1/2)へ
※ 豪経済見通し(2/2)・・・→豪経済見通し(2/2)へ
中国景気刺激策への先行期待・・・→2014年3月25日掲載記事へ



■今週の戦略
サポートライン(1)とレジスタンスライン(2)に支えられながら2013年10月の高値95円後半のレジスタンスライン(B)まで上昇しその後(もしくはその値以下で下落し)、2番天井を形成し下落するのか?  レジスタンスライン(2)を越えるのか? さらに、サポートライン(1)とレジスタンスライン(2)を割り込むと、下落へと転換すると予想されるため、これらの点を見ていく状況にあります。

今週は重要な経済指標が数多く発表される予定のため、経済指標で値動きが反応し、各ライン前後でのトレンドの転換に注意が必要となります。
※ 各ラインと経済指標を重ねあわせて、ラインを越える・割り込む時点でトレンドの転換を確認し、ポジション調整を行う


週足のトレンドは92円半ばを軸に中立トレンド維持で変わらず、変動率(ボラティリティ)は2.37円で推移していますので、トレンドが中立の間は一定レベルまで上昇すると下落し、一定レベルまで下落すると上昇することを示し、週足のトレンドが転換すると、日足変動率(ボラティリティ)分トレンドの方向に変動幅分の値動きが進みます。

※ 変動率(ボラティリティ)とトレンドは・・・→豪ドル見通し<豪ドル予想・テクニカル分析>



■主な予定(経済指標)
3月31日 (独)小売売上高指数
3月31日 (ユーロ)消費者物価指数
4月 1日 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文
4月 1日 (中)製造業PMI
4月 1日 (日)日銀短観
4月 1日 (ユーロ)失業率
4月 1日 (米)ISM製造業景況指数
4月 2日 (豪)住宅建設許可件数
4月 2日 (米)ADP全国雇用者数
4月 3日 (豪)小売売上高
4月 3日 (豪)貿易収支
4月 3日 (ユーロ)欧州中銀金融政策発表
4月 3日 (米)貿易収支
4月 4日 (米)非農業部門雇用者数
4月 4日 (米)
失業率
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2250-512a41c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。