豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文 2014年4月1日 - 豪ドル見通し

豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文 2014年4月1日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文 2014年4月1日

■豪準備銀行(RBA)が、政策金利を2.5%に据え置くことを決定しました。

(A)低金利の金融政策は、需要への支援を提供し、時間をかけて成長を手助けする

(B)為替レートの下落は、バランスのとれた経済成長の実現に役立つ

(C)「豪ドルは過去の基準から依然高い」



■豪経済への言及
2013年の経済成長はトレンドより下で成長しましたが、最近わずかにしっかりとした消費の需要増加と住宅建設の拡大が示されています
輸出は1年前と比較すると改善し、他のセクターへの投資意向も改善の兆しがある、しかし資源セクターの投資支出は大幅に減少すると予想されています。
※ 他のセクターへの投資は主に、小売と住宅への投資が多くこれが現在の豪経済成長の後押しをしています


■政策金利への言及
今回の声明文では、前回削除された「豪ドルは過去の基準から依然高い」との言及が続いていますが、政策金利を緩和する余地があるとの強い言及はなされず、金融市場では当面政策金利据え置きが予想されます。
(金融市場→当面金利据え置きで→金利差魅力維持→豪ドルへ影響)



■労働市場と豪ドルレート
労働市場は低調に推移しており、失業率が高い水準に位置しています。短期的にさらに悪化すると予想されます。国内の労働市場は、国内生産の高い費用ある場合は、低い為替レートと目標と一致するインフレを維持する必要があり、これは時間の経過とともに期待できる。
(豪ドル高→輸出産業→金額ベースで→ネガティブ→豪ドル下落→国内の輸出産業に関わる→ポジティブ→労働市場→改善へ)
(インフレ→目標値で一致→製造コスト/材料→上昇せずに安価→国内製造産業→改善→労働市場→改善へ)

※ 豪ドル下落は労働市場に役立つとされているため、RBAは引き続き豪ドル高に対して言及すると予想されます
※ オーストラリアでは高コストと豪ドル高から自動車産業を始めとした、各種産業が撤退を表明ししており、国内産業に関わる労働市場が低調な状況です


■豪ドルの値動き
今結果を受けて、豪ドルは小幅上昇する場面がありましたが、大きな値動きの変動には至っていません。
欧州市場・NY市場でトレンドが転換するのか? やや上向きのトレンドを維持するのか? 確認する状況にありま
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2255-3a01c813

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。