豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年4月2日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年4月2日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年4月2日

<豪ドル予想・テクニカル分析>

red-2 本日は (豪)住宅建設許可件数 の発表が予定されています

black-2 短期分析 [想定範囲:2時間~日足]
(予想トレンド)・・・→中立(トレンド転換の可能性があり)

(1)95円半ばと94円後半にサポートラインがあり
  (サポートラインまで下落の可能性があり)
  (トレンドは、サポートライン割れで、トレンドが転換する可能性があり)

(2)96円近辺と93円半ばにレジスタンスラインがあり


(3)・・・引き続き、現在の値は、2013年10月の高値95円半ばのダブルトップ(2番天井)を形成する値前後ですので、ダブルトップ(2番天井)を形成し下落するか? ダブルトップ(2番天井)を越えるのか? 確認をする状況です。トレンドの転換(上昇/下落)の可能性があり


green-2 現在の予想変動率 = 約0.21円~0.75円の変動幅(ボラティリティ)

green-2 現在、2時間足の変動率(ボラティリティ)数値は低い水準に位置し続けていますので、小幅な値動きでトレンドに沿った値動きを2時間ごとに変動する可能性を示しています。
トレンドが中立の間は一定レベルまで下落すると上昇し、一定レベルまで上昇すると下落することを示し、日足変動率(ボラティリティ)分の変動幅で上限値と下限値続く状況ですが、トレンドが転換すると、トレンドの方向に変動幅分の値動きが進みますことを示しています





black-2 中長期分析 [想定範囲:週間~2ヶ月間]
(予想トレンド)・・・→中立

(1)中立的状況  

(2)91円軸に、予想変動率(ボラティリティ)約2.33円~5.33円のレンジの範囲内で上・下する状況です

(3)短期分析でトレンドが下落へと変化すると、ゆっくりと時間をかけながら(上昇と下落を繰り返しながら)88円台のサポートラインまで下落する可能性があり


green-2 現在の予想変動率 = 現在から約2.33~5.3円(ボラティリティ)



green-2 ボラティリティの使い方・・・→現在値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
 [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

green-2 トレンドの使い方・・・→トレンドの利用方法(ポジション構成の調整ポイント)へ
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2256-4002c3f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。