豪ドル見通し < 豪ドル週間予想 > 2014年4月6日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し < 豪ドル週間予想 > 2014年4月6日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し < 豪ドル週間予想 > 2014年4月6日

2014年4月6日

< 豪ドル週間予想 >

■豪ドルは、サポートライン(1)とレジスタンスライン(2)に支えられながら、上昇を続け、レジスタンスライン(B)を少し越えたところで終値をむかえています。



■今週の戦略
サポートラインが(1)と(2)に沿った上昇が続いていますので、この点から、サポートライン(1)を割り込むと下落トレンドを警戒する状況ににありサポートライン(2)までの下落が視野に入りると予想されます。
2013年10月の高値95円後半のレジスタンスライン(B)前後での下落すると2番天井を形成したことになりますので、引き続き、2番天井(ダブルトップ)を警戒する水準に位置していることになります。
トレンドが下落へと転換すると新たな、レジスタンスラインが形成されますので、この新たなラインに沿った下落が進むと思われます。
また、日足ローソク足からは、レジスタンスライン(B)あたりから上昇速度が落ち、陰線上ヒゲ出現しているため、一旦下落への方向転換を示唆する状況になっています。


週足の変動率(ボラティリティ)は2.43円で推移していますので、トレンドが下落へと転換すると2.43円分の変動発生があり、サポートライン(2)前後まで下落と一致します。
この点から、サポートライン(1)と(2)を軸にトレンドを把握し、変動率(ボラティリティ)分の値動きを考慮する戦略が有効であると思われます。

※ 変動率(ボラティリティ)は・・・→豪ドル見通し < 豪ドル予想・テクニカル分析 >



■今週の予定(経済指標)
4月 8日 (豪)NAB企業景況感
4月 8日 (日)日銀金融政策決定会合
4月 9日 (豪)ウエストパック消費者信頼感指数
4月 9日 (米)FOMC議事録
4月10日 (豪)新規雇用者数
4月10日 (豪)失業率
4月10日 (豪)消費者インフレ期待
4月10日 (中)貿易収支
4月11日 (中)消費者物価指数
4月11日 (中)生産者物価指数
4月11日 (米)生産者物価指数
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2263-51719a93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。