豪ドル値動き確認 2014年5月5日 - 豪ドル見通し

豪ドル値動き確認 2014年5月5日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル値動き確認 2014年5月5日

2014年5月5日

■豪ドル値動き確認 
レンジ相場(中立トレンド)を下へと超えこえつつあります。
前回のレンジ相場 ① ではサポートラインを少し割り込みましたが再度レンジ相場に戻り、レンジ相場を継続した経緯があるため、トレンド発生を確認するには、今回もサポートライン(C)への下落を確認するとともにレンジ相場(A)~(B)へと戻らないこを確認する必要があります。



■先週の米国株式市場では、米雇用統計で失業率は6.3%へと改善、非農業部門雇用者数が約2年ぶりの大
幅増加となりましたが、ウクライナ情勢悪化により小幅下落して先週は終値をむかえました。
通常、米雇用統計がポジティブになると投資活動が増加してNY株式や投資先として魅力のある金利の高い通貨は買われる傾向にありますが、ウクライナ情勢により逆に下落する展開で先週は終わっているため、投資活動は米雇用統計の好結果を差し引いても、安全資産への買いが進んだと捉えることができます。
(米雇用統計→ポジティブ→投資活動→増加→金利差が魅力の通貨/株式→買われる)
(先週終値→下落で終わる→米雇用統計→好結果よりも→安全資産→円や債権→買われる)
※ 株式を売却して債権を購入するため株価は下落し、主要通貨は売られ円が買われる
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2320-8aa4b0cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。