豪小売売上高【3月】 [前月比・前年比] 2014年5月7日 - 豪ドル見通し

豪小売売上高【3月】 [前月比・前年比] 2014年5月7日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪小売売上高【3月】 [前月比・前年比] 2014年5月7日

豪小売売上高2014年5月7日
■豪小売売上高【 3月 】
[前月比]0.1%増加
前回数値・事前予想からダウンする結果となりました。
3ヶ月平均値で豪小売売上高を見ると、ダウンレンドが続き最近の豪小売売上高は減少ピッチを強めているいることを示しています



■小売売上高減少の背景
4月9日に発表された豪ウエストパック信頼感指数から貯蓄率は12ヶ月後は2.2%上昇し年間ベースで6.7%にまで改善をしめし、個人家計では貯蓄を優先していることが現れています。
これは、今後のオーストラリア経済に対する警戒感から消費よりも貯蓄を優先していることになります。
(家計→豪経済に→警戒感→購買より貯蓄を優先→小売売上高→減少へ)

多くの小売部門特に非飲食関連では減益となっていますので、不動産市場の高騰や所得の減少から、消費者は生活に必要な物を買い、必要以外の物に対して購買を控えている傾向が現れています
食品小売業(0.5%増益)、カフェ、レストラン、テイクアウト食品サービス(1.1%増益)。
他の小売り業(-1.1%減益)、家庭用品小売(-0.3%減益)、衣類、履物及び服飾品小売業(-0.3%減益)、デパート(-0.1%減益)


■豪小売売上高[前年比]
[年間トレンド推定値]6.1%上昇
前年比トレンド推定値は2013年3月に比べて6.1%上昇していますので、前年よりも購買は増加しているが、最近3ヶ月はダウントレンドに位置していると捉えることができます。



■豪ドルへの影響
小売売上高発表の影響を受けて小幅下落する場面がありましたが、大きな影響はなくテクニカル面やAUD/USDの方向性が優先した値動きが続いています。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2325-2ea167fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。