豪NAB企業景況感指数 2014年5月12日 - 豪ドル見通し

豪NAB企業景況感指数 2014年5月12日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪NAB企業景況感指数 2014年5月12日

2014年5月12日NAB
■豪NAB(ナショナルオーストラリア銀行)企業景況感指数
ナショナルオーストラリア銀行の月例ビジネス調査で企業景況感は、前回数値から1ポイント低下し、0ポイントの結果となりました。
上向いていた企業の景気動向は1ヶ月で0ベースの水準に戻るなりました。

※ NAB企業景況感指数 = ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が国内企業900社以上の企業を調査し、今後の景況感の動向を集計した指標です




■NAB(ナショナルオーストラリア銀行)では、1月に大幅な改善後、1ポイント~0ポイントで推移する状況が続いています。
豪PMI(製造業景気指数 )でも、鉱工業/採鉱企業(貿易関連)セクターは低迷している一方で、小売産業や建設産業への設備投資/新規受注が増加し相殺している低調な状況です。
特に貿易関連(鉱工業/採鉱企業)での企業景況感は低く豪製造業PMIに低下傾向が大きく現れています。
これは、中国への資源輸出の減少や豪経済がトレンドより下で成長していることが大きな要因となってい
※ 中国向け輸出量は改善の兆しを見せてますが、2011年・2012年と比べると低水準に位置しています。
※ さらに、豪準備銀行(RBA)は2015年半ばまで経済成長をトレンドよりも下に位置していると言及しています

豪PMI(製造業景気指数 ) 【3月分】
・・・→2014年4月21日掲載記事へ



■NAB企企業景況感が示すのものは
資源産業や鉱工業/採鉱企業の低迷が再認識された結果となりました。
鉱業以外の複数の部門が企業景況感を相殺し、0ポイントになったと捉えることができます。
2015年豪経済はトレンドより下で推移し、失業率は2015年半ば以降まで継続的には低下することが期待できない状況となっていますので、NAB企企業景況感がこれを裏付ける結果となりました。

※ 豪ドルの値動きの注意点として。豪ドルが下落すると投資資金による豪ドルの買い(上昇)が見られますので、豪経済と投資活動による豪ドルの値動きの両方を見ていく必要がると思われます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2333-a7ebf368

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。