豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年5月30日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年5月30日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年5月30日

豪ドル予想・テクニカル分析

red-2 豪ドルは93円後半まで下落後に、豪民間設備投資の改善により94円まで戻し、現在やや上昇傾向を保って値動きが続いています。
更に、S&PやNYダウの上昇、日銀の長期国債買いオペ拡大など円が売られ要因が豪ドル高を後押ししています。


black-2 短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]
(予想トレンド)・・・→やや上向き(方向転換が速いため注意が必要)

(1)94円後半~95円近辺にレジスタンゾーンがあり
   (このラインを超えると、継続的な上昇機会を得る)

(2)94円近辺にサポートラインがあり

(3)・・・→(2)のサポートラインを維持する間はやや上向きのトレンド継続をしますが、このライン割れでやや上向きのトレンドは一旦消滅すると予想されるため、サポートライン近辺でのポジション調整やトレンドを見極める重要な位置づけとなります。


green-2 現在の予想変動率 = 約0.20円~0.62円の変動幅(ボラティリティ)

green-2 2時間足の予想変動率が(ボラティリティ)が2.0円を超えてきましたので、やや上向きのトレンドを示唆しています。
日足予想変動率が(ボラティリティ)は0.6円と低く、継続した値動きが(急落/急上昇)へとはつながりにくい状況ですので、トレンドに沿ったゆっくりとした値動きが続くと予想されます(日足ボラティリティが1.0円を超えると急激なトレンド発生しやすくるなる)





black-2 中長期分析 [ 想定範囲:1週間~2ヶ月間 ]
(予想トレンド)・・・→中立

(1)中立的状況  

(2)中立的状況の間は、92円台を軸に予想変動率(ボラティリティ)
   約1.89円~5.4円のレンジの範囲内で上・下する状況です
   92円-1.89円~5.4円=90.11円~86.6円(下限値幅)
   92円+1.89円~5.4円=93.89円~97.4円(上限値幅)

(3)短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]で下落トレンドが継続すると93.89円~97.4円(上限値幅)まで下落を考慮する状況にあります。


green-2 現在の予想変動率 = 現在から約1.89円~5.4円(ボラティリティ)



green-2 ボラティリティの使い方・・・→現在値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
 [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

green-2 トレンドの使い方・・・→トレンドの利用方法(ポジション構成の調整ポイント)へ
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2365-b6ebf2cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。