豪貿易収支【5月】 2014年7月2日  - 豪ドル見通し

豪貿易収支【5月】 2014年7月2日  - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪貿易収支【5月】 2014年7月2日 

■豪貿易収支【5月】
[ 結果 ](季節調整済み)
19.11億豪ドル   前月から減少
      [ 輸出 ]    266.81億豪ドル(当月)
      [ 輸入 ]    285.92億豪ドル(当月)
      [ 合計 ]   ()19.11億豪ドル(当月)


[ トレンド ](季節の影響を調整しない純粋な数値)
)6.79億豪ドル(前回数値から、261%減少
※ トレンド推移では大幅に悪化していることになります



■貿易収支減少の背景
貿易収支の内訳を見ると、前月から輸出額が大幅に減少したため、豪貿易収支は大きく減少する結果となりました。
輸出している商品(資源商品)の価格下落や為替レートによる金額ベースの減少などがあげられます。
(資源価格→下落→決済ベース→輸出する側のオーストラリア→金額減少→貿易収支→ネガティブへ)

更に、最近では豪ドルが(特に米ドルに対して)高い推移しているため、貿易収支が減少していることがあげられます。
(米ドルに対して→豪ドル安→輸出を決済する過程で→金額ベース→貿易収支→減少させる)
※ 中国へ輸出は、決済ベースで米ドルを通して決済される量が多いため、米ドルの下落の影響が大きい



■輸出物価指数
輸出した製品や商品の価格(輸出物価指数)と輸入した製品や商品の価格(輸入物価指数)を比較すると、輸入した製品や商品の価格(輸入物価指数)の上昇が続き、金額ベースでは輸出額が減少し輸入額が増加、豪貿易収支は減少が続く結果となっています。
※ 「輸出物価指数÷輸入物価指数)」 = 貿易収支に影響する = 比率上昇 = 貿易収支減少へ

輸入物価指数は輸入する時に決済段階で為替変動の影響を大きく受けるため、豪ドル(特に米ドルに対して)の為替レートに対して、豪準備銀行(RBA)から豪ドルレートに何らかの言及がある可能性があります。
(米ドルに対して→豪ドル高→輸出を決済する過程で→金額ベース→輸入物価指数→上昇→貿易収支→減少させる)



■豪ドルへの影響
豪ドルは貿易収支のネガティブな結果やテクニカル面で、2014年4月4日の高値前後で2番天井(ダブルトップ)のレジスタンスラインで上昇を抑えられ下落する展開となっています。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2420-89423458

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。