豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年7月18日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年7月18日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し <豪ドル予想・テクニカル分析> 2014年7月18日

< 豪ドル予想・テクニカル分析 >


red-2 本日の予定
(日)日銀金融政策決定会合・議事要旨公表
(米)ミシガン大消費者信頼感指数



red-2 NY市場で、マレーシア航空機がウクライナ東部で親ロシア派武装勢力に撃墜され、国債が買われ円高、NYダウの下落が進みました。
豪ドルは、引き続きやや下向きのトレンドを維持しながらゆっくりとした下落が続いています。
ウクライナ情勢など金融リスクが発生すると、国債が買われるため、NYダウなど株式市場は下落するため、今後のウクライナ情勢を計るために、NYダウの値をみていく必要があります




black-2 短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]
(予想トレンド)・・・→やや下向き

(1)95円前半レジスタンスラインがあり
  (現在、このラインまでの上昇は一時的戻りの可能性があり)

(2)94円近辺にサポートラインがあり

(3)・・・→トレンドがやや下向きの間は(2)のサポートラインまで下落の可能性があり
      サポートライン(2)を割り込むと下落継続へ


green-2 現在の予想変動率 = 約0.17円~0.52円の変動幅(ボラティリティ)





black-2 中長期分析 [ 想定範囲:1週間~2ヶ月間 ]
(予想トレンド)・・・→中立

(1)中立的状況  

(2)中立的状況の間は、93円台を軸に予想変動率(ボラティリティ)
   約1.23円~4.2円のレンジの範囲内で上・下する状況です
   約93円-4.2円=88.8円(最大下限値)
   約93円+4.2円=97.2円(最大上限値)

(3)短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]で上昇が続くと、最大上限値97.2円前後への上昇が視野へ(1ヶ月~2ヶ月)
短期分析 [想定範囲:2時間足~日足]で下落が続くと、最大下限値88.8円前後への下落の可能性があり


green-2 現在の予想変動率 = 現在から約1.23円~4.2円(ボラティリティ)



green-2 ボラティリティの使い方・・・→現在値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
 [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

green-2 トレンドの使い方・・・→トレンドの利用方法(ポジション構成の調整ポイント)へ
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2443-dd62eeb0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。