豪ドル見通し < 豪ドル週間予想 > 2014年7月27日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し < 豪ドル週間予想 > 2014年7月27日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し < 豪ドル週間予想 > 2014年7月27日

2014年7月27日

< 豪ドル週間予想 >

■豪ドルは、95円半ばで先週の終値をむかえています。
4月4日の高値96円半ばのレジスタンス(C)が強く作用し上昇はおさえられている状況が続いています。



■サポートライン(A)とレジスタンス(B)の間で値動きが続くと予想されます。
このライン(A)を起点とした値動きが続くと予想さ、ライン(A)に沿った値動きが続き下落は継続するのかが争点になると予想されます。
サポートライン(A)に沿った下落が続くとサポートライン(C)~(D)への下落が視野に入る可能性があり、逆にレジサポートライン(A)を維持する間は、再度レジスタンスライン(B)への上昇を試す展開が予想されます。。



■各ラインをでポジション調整の方法
日足の変動率(ボラティリティ)が上昇すると、値動きの変動発生が大きくなり、変動率(ボラティリティ)の上昇とともにサポートラインライン(A)~レジスタンスライン(B)の間から値動きが越える可能性が高くなるので、時間足の変動率(ボラティリティ)と各ラインを重ね合わせながらポジション調整をしていきます。

日足予想変動率(ボラティリティ)は1.0円以上で、豪ドルは値動きに変動に影響しますので、予想変動率(ボラティリティ)とライン(A)・(B)を重ね合わせて、トレンドを確認しポジション調整をします。


※ 変動率(ボラティリティ)は・・・→豪ドル見通し<豪ドル予想・テクニカル分析>で更新しています




■今週の予定
7月30日 (米)ADP全国雇用者数
7月30日 (米)第2四半期GDP
7月30日 (米)FOMC政策金利発表
7月31日 (豪)住宅建設許可件数
7月31日 (豪)第2四半期輸入物価指数
7月31日 (豪)第2四半期輸出物価指数
7月31日 (ユーロ)消費者物価指数
7月31日 (米)シカゴ購買部協会景気指数
8月 1日 (中国)製造業PMI
8月 1日 (豪)第2四半期生産者物価指数
8月 1日 (米)非農業部門雇用者数
8月 1日 (米)失業率
8月 1日 (米)
ISM製造業景況指数
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2456-d64bec97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。