米雇用統計 2014年9月5日 - 豪ドル見通し

米雇用統計 2014年9月5日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


米雇用統計 2014年9月5日

■米雇用統計
(米) 新規雇用者数  [ 14.2 万人](前回数値:21.2万人) (ネガティブ)
(米) 失業率       [ 6.1% ]  (前回数値:6.2%) (ややポジティブ)



■アメリカ非農業部門雇用者数の悪化する一方で、失業率は6.1%へと 0.1%低下する結果となりました。
失業率の低下には、フルタイム就業を希望しながら、パートタイム就業勤務する状況などがあり、失業率の低下は雇用状況の改善には少し遠いと予想されます。

賃金上昇率は、+0.2%[ 平均時給換算 ]上昇しているため、雇用状況は少しずつですが、改善が進んでいると思われます。



■豪ドルへの影響
金融市場では、米雇用状況は改善が進むものの、その速度は遅く、FRBの政策金利引き上げ観測は後退し、低金利政策が継続する可能性が高くなっています。
投資活動の面では、米新規雇用者数が減少したために、投資活動はネガティブに反応し、豪ドルは小幅下落する展開で反応しています。
(米政策金利→低金利政策→継続→市中の貨幣量増加→投資先へと貨幣が流入する→豪ドルへ投資が流れる→傾向へとつながる)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2523-d5d9e66d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。