豪雇用統計 2014年9月11日 - 豪ドル見通し

豪雇用統計 2014年9月11日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪雇用統計 2014年9月11日

■豪雇用統計【8月】が発表されました
[ 新規雇用者数 ] ()12.1万人  (ポジティブ
 ・フルタイム雇用者数変化  = 14,300人増加(ポジティブ
 ・パートタイム雇用者数変化 =106,700人減少(ポジティブ


[ 失業率 ] = 6.1% (ポジティブ
※ 前月失業率6.4%



■雇用状況
失業者数は 33,500減少し、755,100人となりました。
雇用形態ではフルタイムとパートタイムで大幅に増加し企業側が積極的に雇用を増加させる傾向が示されました。
これは、オーストラリアの国内企業が先行きを予想してフルタイム就業者数を増やしているため、豪国内企業では今後企業収益の安定を見込んで、雇用者数を増加させている可能性があります。



※ トレンド・変動率(ボラティリティ)は・・・→豪ドル見通し<豪ドル予想・テクニカル分析>で更新しています

■背景と今後
資源セクター以外の産業への設備投資が増加する傾向が現れ、豪経済がポジティブになると金融市場では予想されています。
これは、豪民間設備投資/新規受注が改善を示し、2014年~2015年度の設備投資が上昇修正されています。
(民間設備投資→機器・設備や機械/2015年上方修正→豪経済→ポジティブへ)

資源産業と貿易関連は悪化していますが、小売・設備投資・設備投資の項目でポジティブに変化しており、豪経済は資源産業に関わる産業よりも、豪国内小売や不動産などの豪内需からの設備投資/新規受注の改善が顕著に現れています。
小売産業や不動産産業などで経済活動が上昇すると、それに必要な設備や雇用が必要とされるため、今後も設備投資に関わる産業(小売産業・不動産産業など・・・)の動向を見ていくことが、豪雇用状況や豪ドルの値動きを知る方法の1つとなります。


※ トレンド・変動率(ボラティリティ)は・・・→豪ドル見通し<豪ドル予想・テクニカル分析>で更新しています
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2532-5611e694

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。