米ドル急騰の背景 2014年9月18日 - 豪ドル見通し

米ドル急騰の背景 2014年9月18日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


米ドル急騰の背景 2014年9月18日

■米ドル急騰の背景
FRB(米連邦準備制度理事会)がFOMC(米連邦公開市場委員会)後に、資産(量的緩和)買い入れ終了後も「相当な期間」低金利政策(ゼロ金利)を実施する方針を表明しました。



■FRBは最大の雇用と物価安の安定を進めるために、金融政のは方針を正常化するタイミングとペースを測定し、そのステップとして、フェデラルファンド金利(FF金利)と他の短期金利を最も正常レベル まで上げ、FRBの証券 持ち株 を減らすと表明しました。
(A) フェデラルファンド金利(FF金利)と他の短期金利 を正常レベル まで上げる
(B) 最大の雇用と物価安の安定を進める
(C) FRBの証券 持ち株 を減らす



■米ドル急騰の背景
FRBが表明した上記、(A)(B)により、数年先のフェデラルファンド(FF)の金利水準は予想中央値が上昇し、通常短期的な為替の値動きはFFなど短期国債利回りと連動性(方向性)と一致するため、米ドルが急騰する展開となりました。
※ 10年国債利回り(長期金利)は金利差の魅力を背景とした、投資資金の移動が起こる要因であるのに対して、短期国債利回りは値動きと直接連動(方向性)することの違いがあります



■豪ドルへの影響
豪ドルは対米ドル(AUD/USD)で下落し、この流れを受けて円に対してもゆっくりとした下落をする展開となりました。
これは、円や米ドルなど他の主要通貨の動向やユーロなどの低金利を利用した取引など、他の主要通貨による値動きの変動が中心になっている結果となりまいした。
(米ドル/円→動向→豪ドルの→値動きに→影響をうける)
(ユーロ→政策金利→低い→借入コスト→安い→ユーロで資金借入→金利が高い→豪ドルへ投資→金利差の魅力が影響)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2548-ad893ca8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。