豪経済見通し(2/3) 2014年9月19 - 豪ドル見通し

豪経済見通し(2/3) 2014年9月19 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪経済見通し(2/3) 2014年9月19

豪経済見通し(2/3)

■豪ドルについて
豪ドルはは2013年前半をピークにやや下落していますが、特に今年は、商品価格の大幅な下落をしていますので、貿易収支の側面からは高いままであると捉えることができます。
(豪ドル高→輸出を決済する過程で→金額ベース→貿易収支→減少させる)

豪ドルの下落は、貿易財やサービスなど輸出産業の生産をサポートしますが、同時に、高い交換レート(豪ドル高)は、輸入資本財(商品生産のために用いられる生産物)が比較的安価であることを意味します。
そのため、豪ドル高が非貿易産業における一部の企業の運営計画において積極的な要素の面がありますので、豪ドル高によるコスト低化は、豪国内生産やサービスにおいて豪ドル高の影響を相殺させる部分があります。
高為替レートは国内の一部のセクターへでコスト削減の役割を果たしれませんが、それは完全である可能性は低いです。
(豪ドル高→輸入を決済する過程で→金額ベース→減額→輸入して生産する→国内産業/非鉱業産業→コスト面で有利へ)


※ 豪経済見通し(1/3)

豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2552-6600759f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。