豪小売売上高【8月】 [前月比] 2014年10月1日 - 豪ドル見通し

豪小売売上高【8月】 [前月比] 2014年10月1日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪小売売上高【8月】 [前月比] 2014年10月1日

■豪小売売上高【 8月 】
[ 前月比 ]  +0.1%      (前回数値:+0.4% 事前予想:0.4%)
前回数値・事前予想を下回る結果となりました。

[ トレンド ] +0.2% (季節の影響を調整しない純粋な数値)


■小売売上高の構成要素
食品小売業(0.3%)、その他小売業(1.6%)、外食産業(0.2%)、衣類、靴と服飾品小売業(0.3%)。デパート(2.9%
)、家庭用品小売(-0.8%)



■豪小売売上高低下の背景
小売売上高は2014年に入り減速し、最近3ヶ月では最低水準となりました。
AFGC(豪小売会社)では、この減速は主に消費マインドに対して、連邦予算の影響が引き起こしたことが原因であるとし、現在政策金利が低金利を続けているため、2015年は、小売業者にとって良い年になるとの見解を示しています。
(財政支出削減→年金減額・公共事業・補助金など→無くなる→家計→今後の消費を控える→小売売上高→ネガティブへ)



■豪ドルへの影響
豪ドルは、小売売上高が[ 前回数・事前予想 ]を下回る結果を受けて、下落する展開となっています。
※ 現在の豪ドルはテクニカル面を優先した値動きが続いていますので、経済指標の結果は、テクニカル面と一致する範囲内で変動する結果となっています。

※ テクニカル分析・・・→< 豪ドル予想・テクニカル分析 >
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2572-39cfdc15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。